青森県立美術館演劇部公演 「津軽の旦暮あけくれ」~太宰治の戯曲「冬の花火」「春の枯葉」より~

2018年7月20日(金) ━ 7月21日(土)

演劇 終了
SHARE
青森県立美術館演劇部公演 「津軽の旦暮あけくれ」~太宰治の戯曲「冬の花火」「春の枯葉」より~

青森県立美術館演劇部公演 「津軽の旦暮あけくれ」~太宰治の戯曲「冬の花火」「春の枯葉」より~

原作:太宰治
構成・演出:斎藤歩((公財)北海道演劇財団 芸術監督)
監修:長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)

 

青森県立美術館演劇部による2回目のシアター公演!
太宰治の戯曲「冬の花火」と「春の枯葉」を原作としたオリジナル演劇を上演します。
脚本・演出は、北海道を拠点に様々な舞台で演出家・脚本家・俳優として活動している、斎藤歩氏が担当し、10代~70代の県民が参加する青森県立美術館演劇部が出演します。

演出家からメッセージ

「津軽の旦暮」というタイトルで、戦後間もない頃、青森に疎開していた太宰が、青森で書いたとされている戯曲「冬の花火」と「春の枯葉」をベースに青森県立美術館演劇部の部員たちと創作します。

 

随分昔から、なぜ太宰は「小説」ではなく、「戯曲」を書いたのか、しかも、そのまま上演しても面白くなさそうな戯曲を、青森で…という疑問が私にはありました。「冬の花火」も「春の枯葉」もその季節には相応しくない、的外れで、季節外れの風物をタイトルにしています。私はここに、太宰特有の皮肉とユーモアを感じ、不思議な共感を覚えるのです。

 

太宰が戯曲を書くという一見不相応な仕事の中に、戦後間もない頃、青森で、太宰が描きたかったことの本質があるのではないかと勘繰って、今回は敢えて、この戯曲の舞台化に臨むことにしたのです。太宰の文学と演劇との距離を測定する経験になるはずです。この創作経験が演劇部の部員たちに課せられている近い将来の「津軽」の舞台化に結実することを期待しています。

 

斎藤 歩

出演

青森県立美術館演劇部
<俳優>
石岡博之、石上寧子、後藤和恵、後藤天琉、小林早智子、佐々木樹姫、佐々木優、秀圓、白鳥真生、相馬義則、ちひろ、奈良和貴、平井正樹、平田彩乃、三浦雪絵、三上由美子、盛桜華、八木橋恵夢、有紀、幸田野花

 

<技術スタッフ>
佐藤礼治、田澤京子、福士紗雪

 

※出演者は青森県立美術館演劇部内でオーディションにより6月中旬に決定します。

開催概要

会場

青森県立美術館シアター(全席自由)

※受付場所は美術館1階シアター前となります。
※受付順のご入場となります。

公演日時

2018年7月20日(金) 開演19:00 開場・受付開始18:30
2018年7月21日(土) 開演15:00 開場・受付開始14:30

料金(前売券)

一般:2,500円(当日3,000円)
学生・60歳以上:1,500円(当日2,000円)
ペア:4,000円(同日公演2名入場可・前売のみ)

各種サービス

無料託児サービス【7月20日・21日両日】
美術館内にて開場から終演までの間、託児サービスを行います。
7月13日(金)までに事務局へお申し込みください。
(1歳から小学3年生までのお子さまに限ります。)

 

無料送迎サービス【7月20日のみ】
終演後、青森駅までの無料送迎を行います。7月17日(火)までにお申し込みください。
(会場と青森駅までの直通運転となり、その他の場所での降車はできません。)
※7月21日は15:00開演のため、公共交通機関をご利用いただけます。

 

カフェ「4匹の猫」臨時営業【7月20日のみ】
7月20日は18:30まで、美術館内のカフェの延長営業をいたします。
(ラストオーダーは18:00)
※7月21日は15:00開演のため、通常営業時間内にご利用いただけます。

公演当日のご注意

・受付場所は美術館1階シアター前となります。
・受付順のご入場となります。
・待合所として、コミュニティホールをご利用いただけます。
・シアター内では撮影・録音・飲食禁止です。

主催

青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会、青森県立美術館

共催

(公財)北海道演劇財団

助成

(一財)地域創造

お申し込み・お問い合わせ

青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会事務局
〒038-0021青森市安田字近野185
TEL. 017-783-5243(受付時間 平日9:00~17:00)
FAX. 017-783-5244
E-mail engeki@aomori-museum.jp

利用料金

前売チケット販売プレイガイド

全国:ローソンチケット(Lコード:21360)
青森市:成田本店しんまち店、青森県立美術館ミュージアムショップ
弘前市:ヒロロ、弘前市まちなか情報センター
八戸市:ラピア
五所川原市:ELMインフォメーション

事務局チケット予約/小・中・高校生無料ご招待!

事務局にて前売チケットのご予約が可能です。また、小学4~6年生・中学生・高校生の皆さまを各公演先着60名様まで無料招待いたします。電話・FAX・Eメールにて以下項目を事務局までお伝えください。

(1)ご希望の公演日・券種・鑑賞人数
(2)ご予約者(代表者)氏名
(3)ご予約確認のため代表者のご連絡先(電話番号/FAX/Eメールアドレスのいずれか)
―以下、学生招待お申し込みの方のみ―
(4)ご招待者の氏名・学校名・学年

※ご予約受付は、各公演の前日17時まで。公演当日受付にて精算・発券となります。
※7月20日(金)の公演は夜間となりますので、中学生以下の方のご招待をお申し込みの際はお子様の安全を踏まえ、必ず大人(保護者)同伴での鑑賞をお願いします。
※個人情報は厳重に管理し、本公演以外の目的では使用いたしません。

 

【予約受付先】
青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会事務局
TEL. 017-783-5243(受付時間 平日9:00~17:00)
FAX. 017-783-5244
E-mail engeki@aomori-museum.jp

関連ファイル