HOME

キッズ・アート・ワールドあおもり2001
市場最大の作戦

2001年7月13日(金)〜7月24日(火)
会場:青森駅前広場、駅前市場、新町商店街、AUGA、パサージュ広場、青森県立郷土館、三内丸山遺跡他

新着情報
↑最新情報はこちらから

参加アーティスト

ワークショップ

ヤノベケンジ「アトムカー大量秘密製造実験」
       「サバイバル・コスプレショー」

PHスタジオ 「りんご箱のコロシアム」

佐藤真「駒どり親子の大冒険」 

北島敬三「オープン・ザ・フォトギャラリー」

中野渡尉隆「グラスプロジェクト」

   

ヤノベケンジ
1965年大阪府生まれ。ユーモラスな作品に世界中がびっくり!ロボットがレールの上を走ったり、鉄腕アトムみたいなアトムカーが動き回る遊園地が出現。潜水艦みたいな「ブンカーブンカー」の中ではあやしいイベントも。題して「史上最大の侵略」!

 

作品展示

PHスタジオ
街中のねこの抜け道をさぐり、あるときはダムに沈む町で大きな船を水の力で山のてっぺんにのせようとしたり、ビルの谷間に公園を作ったり。1984年発足した美術と建築のアーティスト4人のユニット。


●「キッズ・アート・ワールド2001展覧会」
●プロジェクト「堀江佐吉を探せ!」
県立郷土館特別展示室
7月13日(金)―22日(日) 月曜休館 午前9時30分から午後6時 入場無料 

●「キッズアート写真展」
 五拾壱番館ギャラリー 7月23日(月)〜25日(水)

●「展示市街作戦」

●「グラスサークル」
 三内丸山遺跡 大型竪穴住居跡 7月13日(金)〜24日(火)

●作品鑑賞ツアー
7月13日(金)午前12時から
(オープニングセレモニー終了後)
7月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)午前10時から 
学芸員の案内で街の中の作品を見て歩きます。郷土館に全員集合!

 

 

佐藤真
1957年弘前市生まれ。ドキュメンタリー作品を手がけている。代表作に新潟県の阿賀野川とそこに暮らす人々を追った「阿賀に生きる」(1992年)など。最新作「花子」(2001年)は、一人のアーティストとその家族の日常を綴った作品として、注目を集めている。

アート・イベント

 

 


●「オープニングセレモニー」
 7月13日(金)11:20〜 郷土館エントランス

●「史上最大の侵略」期間中随時

●「駒どり親子の上映会」
 7月23日(月) アウガAV多機能ホール

●「ファイナルイベント」
 7月24日(火)18:00〜 青森駅前広場

北島敬三
1954年長野県生まれ。木村伊兵衛賞受賞。世界中を旅し、都市と人間を追い写真界の先端を走り続ける。今年2月、写真家を目指す若者たちとともに東京新宿に新しいギャラリーを設立したばかり。

中野渡尉隆
1966年十和田市生まれ。視覚、聴覚、触覚など人間の持つさまざまな感覚に注目して制作活動をおこなっている。“後ろにしか走ることができないバイク”など、既存の感覚に揺さぶりをかけるような作品を制作している。

 

●キッズ・アート・ワールド事務局

〒030-8570 青森市長島1-1-1
青森県環境生活部
美術館整備・芸術パーク構想推進室

電話 017-734-9923
fax 017-734-8279
e-mail aap1@infoaomori.ne.jp