展覧会

生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎 企画展
2014年10月4日(土) - 11月24日(月) 開催中
故郷青森をはじめ、日本、そして世界各地を巡り、その風景や人物を描いた作品で親しまれている関野凖一郎。木版画、銅版画、石版画など様々な技法に精通していた関野の多彩な作品の魅力を紹介しながら、版木、スケッチ、創作メモなどの貴重な資料によって、彫りや摺りなどに独自の工夫を凝らした表現技法や創作に込められた想いを解き明かす初の本格的な回顧展です。
関野凖一郎展関連企画 青森の版画・日本の版画・世界の版画 ほか 常設展
2014年9月13日(土) - 11月24日(月) 開催中
棟方志功、恩地孝四郎からピカソ、マティス、レンブラントまで、当館が誇る版画コレクションの名品を一挙公開します。
青森EARTH 2014 常設展
2014年12月2日(火) - 2015年3月22日(日)
「青森EARTH」は縄文に創造の原点をたずね、「土着」の意義を見直し、土(earth)に根ざした新しいアート(art)の形を青森の地で多角的に探るためのアートプロジェクトです。 今年は青森ゆかりの画家・豊島弘尚の作品と写真家・松江泰治による青森、秋田を撮影した写真シリーズを軸に、縄文の遺物や美術館のコレクション、現代のアーティストの表現を組み合わせた展覧会を開催します。

イベント

キッズルームおはなし会2014 ワークショップ
2014年5月24日(土)・6月28日(土)・7月26日(土)・8月23日(土)・9月27日(土)・10月25日(土)・11月22日(土)・2015年1月24日(土)・2月28日(土)
「きれいだな」「不思議だな」「おもしろい!」 こどものときの純粋な好奇心を、親子で楽しんでみませんか? 対象は、3歳くらいから。 上手下手ぬきで美術をもっと身近に楽しめるよう、さまざまなテーマの絵本の読み聞かせと美術体験を行うプログラムです。
常設展ギャラリートーク その他
2014年10月11日(土)・25日(土)・11月8日(土)・22日(土)・12月13日(土)・27日(土)・2015年1月10日(土)・24日(土)・2月14日(土)・28日(土)・3月14日(土)
奈良美智、シャガール等の当館主要コレクションや建築・シンボルマークといった青森県立美術館ならではの魅力を当館職員が20分程度で解説します。
PHASE2014 PART3関連ワークショップ「300と60、そして5日のカレンダー」 ワークショップ
2014年11月23日(日)
今年から始まった若手アーティスト支援のためのプロジェクト「PHASE(ファーゼ)」。今年度の参加アーティストである永井天陽(ながい そらや)さんをお招きしてワークショップを行います。
関野凖一郎展 ギャラリートーク その他
2014年11月23日(日)
学芸員によるギャラリートークです。
青森県立美術館舞台芸術企画 ダンサー・俳優・演奏家による「アレコ2014~青函ソウルヴァージョン~」 その他
2014年12月11日(木)・16日(火)
青森・函館・ソウルのダンサーや俳優が共演し、当館所蔵のシャガール作「アレコ」舞台背景画をテーマとした舞台公演です。
県美土曜ゼミ2014 その他
2014年12月13日(土)・2015年1月10日(土)・2月14日(土)
県立美術館では毎月1回、土曜日に「県美土曜ゼミ」を開催します。(7/13のみ日曜日に開催) 「県美土曜ゼミ」では、当館学芸員とともに各回ごとのテーマに沿って「美術とは何か」を議論し、考えていきます。 聴講だけの美術講座では物足りない、素朴な疑問をぶつけたい、そんな方にお勧めのゼミ形式の講座です。
2015 青森県立美術館シアター 映画フィルム上映 その他
2015年1月10日(土) - 12日(月)
見るものを惹きつけて止まない異端のヒーローたち。 シリーズ化やリメイクにより時代を超越するイコンとなった主人公を描く作品群を上映します。

プロジェクト

PHASE(ファーゼ)2014
2014年10月18日(土) - 11月24日(月) 開催中
青森県立美術館は今年度から、若く才能豊かな国内外のアーティストたちに、美術館の空間を最大限活かした展示や企画を実施してもらうプロジェクト「PHASE(ファーゼ)」をスタートします。

一般主催

第55回青森県美術展覧会「県展2014」 展示
2014年11月13日(木) - 16日(日)・20日(木) - 23日(日) 開催中
第55回青森県美術展覧会「県展2014」が開催されます。