展覧会・イベント

展覧会

  • 企画展 開催中

    アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 Alvar Aalto – Second Nature

    2019年4月27日(土) - 6月23日(日)

    建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーです。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に即した要素をとりいれ、人々の暮らしをよりよくするための建築を追求しました。彼が建築にあわせてデザインしたドアノブや照明器具、家具に至るまで、細部にこだわりながら全体の空間の調和をはかりつつ作られたその環境は、あたかも人間にとっての「もうひとつの自然」であるかのようです。なかでもパイミオのサナトリウム(1933年)は、結核患者がたっぷりと自然の光と清浄な空気をあびながら療養するために配慮された、アアルトの人に優しい建築の代表的な作品です。また、マイレア邸(1939)、ヴォクセニスカの教会(1958)など、私邸から公共建築にいたるまで、自然の素材を生かしつつ、周囲の環境や建物の諸要素の間の有機的なつながりの感じられる建築をデザインしています。さらに、アームチェアやスツールなどの家具、サヴォイ・ベースに代表される有機的な形態をもつガラス器などのプロダクトデザインは、現在もなおフィンランドを代表するデザインとして親しまれています。

  • 常設展 開催中

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示

    2017年4月25日(火) - 2021年2月28日(日)

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示 展示期間 2017年4月25日 - 2021年3月頃(予定) 

  • 常設展 開催中

    コレクション展 2019-1

    2019年3月9日(土) - 7月7日(日)

    企画展「アルヴァ・アアルト-もうひとつの自然」(4月27日~6月23日)に関連した「デザイン」の特集展示を行います。棟方志功の装飾性に富む作品や包装紙のデザイン、成田亨のウルトラ怪獣のデザイン原画、寺山修司が主宰した演劇実験室◎天井棧敷のポスター、石井康治による彩り豊かな北国の四季をうつしとったガラス作品、菊地敦己が手がけたブックデザイン、ブナコの照明器具などを紹介します。また田澤茂の鬼や仏を題材にしたユニークな作品群や、奈良美智展示室も一部リニューアル。青森の春にふさわしい多彩な展示をお楽しみください。

イベント

  • ワークショップ

    こどもアトリエ

    2019年5月18日(土)・7月13日(土)・9月28日(土)・11月23日(土)・2020年1月18日(土)

    こどもアトリエでは、青森県立美術館のワークショップ室内にある材料や自分で持ち込んだ材料を使って、自分の好きな作品や当館の収蔵作家にちなんだ作品を作ることができます。

  • 演劇

    青森県立美術館ドラマリーディングクラブ定期公演「仰臥漫録」(抄)

    2019年6月8日(土)

    原作は、俳人、正岡子規の『仰臥漫録(ぎょうがまんろく)』です。「仰臥」とは仰向けのこと。同作品は、子規の死の直前1年間の、日々の食事や体調、俳句、家族への心情等を綴った生活記録です。寝返りも打てないほど重い病の床にあった子規は、何を食べ、何を思い、どんな句を読んだのか―。 ドラマリーディングクラブ員の朗読に合わせて、映像や音響、照明が変化する、臨場感あふれる演出をお楽しみください。

一般主催