展覧会

成田亨 美術/特撮/怪獣  ~出品点数700点!史上最大の回顧展! “時代”に抗った孤高の天才芸術家、その「軌跡」と「閃光」 企画展
2015年4月11日(土) - 5月31日(日)
彫刻、絵画、デザイン、イラスト、特撮美術と多岐にわたって活躍した成田亨(1929-2002)。その全貌を、700点を超える作品、資料によって紹介する史上初の大回顧展です。青森県立美術館所蔵の怪獣デザイン原画187点を一挙公開するのみならず、マイティジャックやヒューマン、バンキッド等の特撮美術の仕事、未発表の怪獣デザイン原画、初期、および1970年代以降の絵画・彫刻作品、晩年の代表作である巨大な鬼のモニュメントなど、成田芸術の知られざる全貌に迫ります。
成田亨展関連展示、ジャンルを越境する表現者たち ほか 常設展
2015年3月28日(土) - 5月31日(日)・4月11日(土) - 5月31日(日) 本日開催
成田亨は美術家としてのみならず、特撮美術やデザインなど多岐にわたるジャンルで活躍しました。このジャンルを横断しながら活動するスタイルは青森県ゆかりの作家の多くに共通する要素とも言えます。2015年度の「春の常設展」では成田亨展の関連企画として、そうした青森県ゆかりの作家に焦点をあてるとともに、成田亨に影響を与えた作家等についても紹介します。

イベント

成田亨展関連企画「県美ワークショップin浅虫水族館~水族館でオリジナル怪獣をデザインする~」 ワークショップ
2015年4月18日(土)
成田亨展関連企画として、水族館を会場に怪獣をデザインするワークショップを開催します。今回は水族館のいきものをテーマに、成田亨のコンセプトに基づいた怪獣デザイン画制作を行います。