展覧会・イベント

展覧会

  • 企画展 開催中

    生誕110周年記念 阿部合成展 修羅をこえて「愛」の画家

    2020年11月28日(土) - 2021年1月31日(日)

    青森市生まれの画家、阿部合成の生誕110年を記念して、青森県立美術館で開催する初の回顧展。平成から令和にかけて、災害や疫病など、あらたな危機に直面しつつある今、東北と中央、戦争と人間といった日本近代の社会の矛盾に翻弄されながら、苦悩のなかに独自の芸術を追求した阿部合成の芸術の意義を改めて問い直します。

  • 企画展

    富野由悠季の世界:ロボットアニメの変革者(イノベーター)

    2021年3月6日(土) - 5月9日(日)

    新型コロナウイルス感染症の影響で延期となっておりましたが、新しい会期が決定いたしました。 展覧会の詳細、関連イベント等については会期が近づきましたら、改めて各種印刷物や当館ホームページ等でお知らせします。

  • 常設展 開催中

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示

    2017年4月25日 - 2021年3月頃 (予定)

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示 展示期間 2017年4月25日 - 2021年3月頃(予定) 

  • 常設展 開催中

    アレコ特別鑑賞プログラム

    2018年10月1日(月) - 2021年3月頃 (予定)

    高さ約20メートルの大ホールに展示された「アレコ」背景画に舞台用の照明をあて、音楽とともにバレエのステージを彷彿とさせる演出を加えながら、作品制作の背景、バレエのストーリーなどをナレーションで紹介する約15分間の鑑賞プログラムを、開館中、定時で上映しております。(上映時間:① 10:30 - ② 12:00 - ③ 13:30 - ④ 15:00 -)

  • 常設展 開催中

    コレクション展2020-4:危機の中の芸術家たち

    2020年11月28日(土) - 2021年2月23日(火)

    2020年に没後30年となる工藤哲巳を中心に、今和次郎・純三兄弟や澤田教一、棟方志功、同時期開催の企画展「阿部合成」関連として、弟子にあたる小坂圭二や成田亨らの作品を紹介。ねぶた師・竹浪比呂央が疫病退散を祈願して制作した屏風絵なども紹介します。芸術家たちの想像力や批判精神を手がかりに、私たちが「危機」を基点に、これからの時代を生き延びるための感性を養う展覧会として開催します。

イベント

  • ワークショップ 開催中止

    こどもアトリエ

    2020年9月5日(土)・11月21日(土)・2021年1月16日(土)・3月6日(土)

    新型コロナウイルス感染症が再拡大している状況を受け、感染拡大防止の観点から、11月21日(土)、2021年1月16日(土)、3月6日(土)に予定しておりました今年度のこどもアトリエの開催を全て中止することといたしました。

  • 演劇

    青森県立美術館ドラマリーディングクラブ定期公演「いき」

    2020年12月5日(土) - 6日(日)

    文学作品や戯曲を、音楽や映像を伴い朗読する恒例の演劇公演。今回のテーマは「いき(粋)」です。

  • その他

    Our place~アートでつながるコミュニティ~

    2020年12月11日(金) - 25日(金)

    当館ボランティアが自主制作した作品の展示と、ねぶた師の竹浪比呂央氏とボランティアスタッフが共同制作した作品の展示を行います。どなたでも自由にご覧いただけますので、ぜひご来場ください。