2013年6月15日(土) - 9月1日(日)
常設展

青森の大地に根ざした新たなARTの可能性を探究していくプロジェクト「青森EARTH」。「超群島」展として実施した青森EARTH2012に続き、今年の青森EARTH2013は、東日本大震災から復興と再生へとむかう東北の未来を、世界遺産指定をめざす北東北の縄文文化の雄大な宇宙観をベースに、現代のアーティストたちの作品と県立美術館のコレクションによって実現していこうとする試みです。


チラシ (PDF / 564KB)


会期

【第1部】2013年6月15日 (土) - 9月1日 (日)
【第2部】2013年7月28日 (土) - 8月25日 (日)

会場

【第1部】常設展示室G,O,P,Q
【第2部】コミュニティギャラリー(A,B,C)

休館日

6月24日(月)、7月29日(月)

入場料

一般500(400)円、高大生300(240)円、小中生100(80)円
※7/6 - 9/1は「夏休みこども美術館デイ」により小中生無料
※( )内は20名以上の団体料金
※心身に障がいがある方と付添者1名は無料

出品作家

【第1部】
青木野枝
今井俊満
風間サチコ
成田亨
森万里子
棟方志功
豊島弘尚

【第2部】
クリスチャン・ボルタンスキー
児玉幸子
チームラボ
柳井信乃

関連イベント

・あいちトリエンナーレ連携シンポジウム「縄文・東北・環境汚染―3.11以後の美術」
・アンドレイ・タルコフスキー「ストーカー」上映会


関連展示

「寺山修司 dialogue」シリーズvol.2
2013年11月12(火) - 2014年2月2日(日)
青森県立美術館 常設展示室H

主催

青森県立美術館

連携

あいちトリエンナーレ