2021年5月22日(土) - 7月4日(日)
一般主催 展示

会場

青森県立美術館

会期

2021年5月22日(土)- 7月4日(日)

休館日

2021年6月14日(月)

開館時間

9:30-17:00(最終入場16:30)

入場料金

一般・大学生1,300円(1,100円)、中高生900円(800円)、3歳-小学生600円(500円)
※( )内は前売料金及び団体料金
※県内有名プレイガイド、ローソン、チケットぴあ、セブンイレブン、ポみっと!で販売
※2歳以下無料(但し、保護者同伴)

お問い合わせ先

青森放送 Tel 017-743-1234(大代表)

※平日9:00-17:00

青森事務局 Tel 017-718-2335

※5月21日(金)まで平日10:00-16:00。開催期間中は9:30-17:00

詳細は、こちらをご覧ください。
青森放送HP
https://www.rab.co.jp/event/
展覧会公式HP
http://miffy65.exhibit.jp/

主催:青森放送、東奥日報社、朝日新聞社
特別協力:青森県立美術館
企画協力:ディック・ブルーナ・ジャパン、Mercis bv
協賛:フェリシモ、野崎印刷紙業
協力:福音館書店、講談社
後援:青森県、青森県教育委員会、青森県PTA連合会、青森県国公立幼稚園・こども園会、青森県私立幼稚園連合会、青森県保育連合会、青森県社会福祉協議会、青森県観光連盟、青森県商工会議所連合会、テレビ岩手、ABS秋田放送

展示内容

65周年をお祝いする本展のテーマは"with"。

オランダの絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんの手によって生まれたミッフィー(うさこちゃん)は、2020年に誕生から65年を迎えました。
ミッフィーとまわりのみんなが紡ぐ物語を、貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモなど300点以上で紹介。

  • 1963年に出版されたミッフィーの初期作品4作品のひとつで、冬の装いが特徴の『ゆきのひの うさこちゃん』。
    これまでたった1枚しか来日したことがない同作の原画の数々を展示します。
    静かで美しい雪景色と対比的に、ミッフィーと家族とおうちの温かさを描き出したブルーナさん。その温もりあふれる筆さばきを原画でお楽しみください。

  • 初来日となる人気タイトル、『うさこちゃん おばけになる』(2001年)、『うさこちゃんは じょおうさま』(2007年)、そしてミッフィーが最後に絵本に登場した『うさこちゃんと ふがこちゃん』(2011年)のほか、『うさこちゃん ひこうきにのる』(1970年)、『うさこちゃんと にーなちゃん』(1999年)を加えた原画や資料を展示します。

  • ミッフィーの作者、ディック・ブルーナさんの初来日は日本で絵本が出版されて15年ほどたった1978年のことでした。ミッフィーシリーズをはじめとしたブルーナさんの絵本は、すでに日本で大人気。来日時には日本の絵本作家や児童文学者と親交を温めました。日本の絵本文化にも大きな影響を与えたブルーナさん。その思い出と創作の魅力を、日本とのかかわりから紐解いていきます。

  • 会場特設ショップでは、ぬいぐるみやフィギュアなど、約600アイテムの展覧会オリジナルグッズを販売します。