2012年3月4日(日)
イベント シンポジウム

東日本大震災復興支援特別企画「気仙沼 / リアス・アーク美術館 / N.E.blood21:坂本英子」関連事業

東日本大震災で大きく被災した気仙沼の状況報告を行い、災害時におけるアートの役割、そして復興のこれからなどについて議論を行います。

日時:2012年3月4日(日) 14:00-15:30
場所:企画展示室B
パネリスト:
山内宏泰(リアス・アーク美術館学芸係長)
岡田卓也(美術家、Neアーティスト協会代表)
坂本英子(美術家)
飯田高誉(青森県立美術館美術統括監)

モデレーター:
工藤健志(青森県立美術館学芸員)

※聴講には冬のコレクション展チケットが必要です。