2011年1月30日(日)・2月20日(日)・3月20日(日)
イベント シンポジウム

1 趣旨
青森県立美術館では、美術の歴史や作品の見方に関する知識を深め、美術鑑賞をより身近なものとするための講座として「アート入門」を開催しています。
今年度は、昨年度に引き続き「エキシビション・アイズ」をテーマとし、開館5周年を記念して開催される企画展「芸術の青森」をクローズアップしながら、青森の風土を色濃く反映した作品やその作家の魅力などについてお話します。
2 概要 
(1)第1回 自意識とフォークロア ~“芸術の青森”をつくったもの
企画展「芸術の青森」に展示中の作品を中心に、青森の風土に結びついて発展した豊かで個性的な芸術について語ります。
日時:2011年1月30日(日)14:00-15:30
講師:池田 亨(青森県立美術館学芸主幹)
(2)第2回 青い森に連れてって ~青森の現代美術
青森の風土が育む様々な表現を紹介するとともに、その作品の中に含まれる青森的な要素について考えます。
日時:2011年2月20日(日)14:00-15:30
講師:工藤健志(青森県立美術館学芸主幹)
(3)第3回 シンポジウム “芸術の青森”から“芸術の東北”へ
青森、岩手、宮城の3県の地域がもつ風土と芸術との結びつきを比較しながら、それぞれの違いや特殊性を見つめ、東北の芸術のこれまでとこれからの展開について、美術館同士の連携を含めて話し合います。
日時:2011年3月20日(日)14:00-15:30
パネリスト:
原田 光 氏(岩手県立美術館館長)
有川幾夫 氏(宮城県立美術館副館長)
塩田純一(青森県立美術館美術統括監)
モデレーター:
池田 亨(青森県立美術館学芸主幹)
※第3回は東北地方 太平洋沖地震の影響により中止となりました。
3 会場:当館シアター
4 定員:200名
5 参加料:無料(直接会場へお集まりください) 
6 問合せ先:青森県立美術館教育普及 TEL 017-782-1919・FAX 017-783-5244