2011年1月15日(土) - 2月20日(日)
イベント その他

青森県立美術館は2011年に開館5周年を迎えます。5周年記念展第一弾として開催される「芸術の青森」展。その併設企画として、青森にゆかりのあるインスタレーションを行います。題して「青い森に連れてって」。現役で活躍する2名のクリエイター、そして2つの団体によるインスタレーションが、みなさんを青い森の世界に誘います。
 東北新幹線全線開業によって、他県からの注目も高まる今、この展示が「青森」をみつめなおす機会のひとつになることを願っています。

会場:コミュニティギャラリー A-C
※入場無料

展示室A:竹浪比呂央×JAGDA青森「ねぶたと青森の四季」
展示室B:伊藤ゴロー「サウンドインスタレーション TONE POEM_青の記憶」
展示室C:津軽塗伝統工芸士会「伝統の手しごと 現代の機能美」
※手板展示協力:地方独立行政法人 青森県工業総合研究センター 弘前地域技術研究所

【参加作家略歴】
竹浪比呂央(たけなみ・ひろお)
1959年、つがる市生まれ。1989年に初の大型ねぶたを制作。2000年、2004年、2005年と、ねぶた大賞を受賞。2010年1月、青森市内に竹浪比呂央ねぶた研究所を設立。ねぶたの創造と研究を主としながらも、グループ展に出品するなど、「ねぶた」を「紙と灯り」の造形とみなし、新たな可能性を追求し続けている。現在、「あおもり灯りと紙のページェント」を開催中。(青森駅前・2/13まで)

JAGDA(じゃぐだ)青森
JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、約2800名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織。青森地区は会員が15名、サークルメンバー2名。それぞれ、デザイン事務所等に所属し、青森県内外のデザイン業務を請け負っている。2005年より、「JAGDAデザインキャラバン」と銘打った展覧会等を開催するなど、デザインを普及させる活動を積極的に行っている。

伊藤ゴロー(いとう・ごろー)
1964年、青森市生まれの作曲家、編曲家、ギタリスト、プロデューサー。
映画、ドラマ、CM音楽も手がけ、国内外でのアルバムリリース、ライブを行う。ソロユニットMOOSE HILL(ムース・ヒル)、布施尚美とのボサノヴァデュオnaomi&goroとしても活動し、2009年ブラジル録音のアルバムには坂本龍一もゲスト参加。原田知世直近のアルバム2作のプロデュースも手がけている。

津軽塗伝統工芸士会
国が指定する伝統工芸士27人が所属。弘前市を中心とした津軽塗職人の中では、最高の技術を誇る職人集団。2006年よるインダストリアルデザイナー曽根眞佐子氏との共同制作に取り組む。津軽塗の啓蒙普及のため、県内小中学校で体験講座を多数実施。