NARA Yoshitomo:a bit like you and me...

画像:「種差 ―よみがえれ 浜の記憶」
展覧会チラシ (PDF / 800KB)
会期:
2012年10月6日(土) – 2013年1月14日(月・祝)
休館日:
10月22日、11月12日、12月10日、12月29日 – 31日
開館時間:
9:30 – 17:00 (入館は16:30まで)
※会期中第2、4金曜日は21時まで開館
観覧料:
一般  1,200(1,000)円
高大生 700(600)円
小中生 300(200)円
※ ( )内は前売および20名以上の団体料金
※ 心身に障がいがある方と付添者1名は無料
※ 前売券発売期間 8月11日(土) – 10月5日(金)

前売券発売所:
ローソンチケット(Lコード26968)、チケットぴあ(Pコード 765-281)

青森市:
青森県立美術館、青森県立美術館ミュージアムショップ、サンロード青森、イトーヨーカ堂青森店、さくら野百貨店青森店、成田本店しんまち店、青森県庁消費生活協同組合、リンクステーションホール青森(青森市文化会館)、青森市勤労者互助会
弘前市:
イトーヨーカ堂弘前店、さくら野百貨店弘前店、紀伊國屋書店弘前店、日弘楽器、弘前大学生活協同組合
八戸市:
さくら野百貨店八戸店、中合三春屋店、八戸ポータルミュージアムはっち
五所川原市:
イトーヨーカ堂五所川原店、ELMの街
七戸町:
鷹山宇一記念美術館
秋田市:
ココラボラトリー
盛岡市:
盛岡駅ビル・フェザン

“2012年の現在、レゾネ制作や震災、オーディエンス層の拡大、過大な、あるいは順当な、あるいは不当な評価、数々の展覧会での経験、自身の加齢…いろいろな理由から、僕は作品を自分の元から旅立たせること(作品自体としての自立)を現実的に考えられるようになったようだ。”

———奈良美智

国内外で活躍する青森県出身の美術作家・奈良美智の新作による個展を開催いたします。挑むような目つきの女の子や、ユーモラスでありながらどこか哀しげな犬の姿を、絵画や立体で表してきた奈良美智は、若い世代を中心に絶大な人気を誇ってきました。平成10年から奈良美智の作品を収集してきた青森県立美術館では、開館来、常設展示でその活動を紹介してきましたが、個展の開催は今回が初めてです。本展では、近年、多様な経験の積み重ねの中で、創作の原点を強く意識し始めた奈良の、絵画やドローイング、初挑戦となるブロンズ彫刻など、新作の数々を展示いたします。大勢の市民参加によって実現された吉井酒造煉瓦倉庫(弘前市)での個展「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」から10年、「A to Z」展から6年、奈良美智のあらたな世界をお楽しみください。

観覧料

一般1,000(800)円、高大生600(500)円、小中生「夏休みこども美術館デイ」により無料

※ ( )内は前売および20名以上の団体料金
※ 心身に障がいがある方と付添者1名は無料
※ 常設展観覧料は含まれません
※ 前売券発売期間 5月3日 (金) – 7月5日 (金)

ページトップ

作家プロフィール

奈良美智 なら・よしとも

1959年青森県弘前市生まれ。1987年愛知県立芸術大学修士課程修了。1988年渡独し、国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに在籍。1990年代半以降、欧米や日本で積極的に作品を発表。2001年には、日本で初めての大規模な個展「I DON’T MIND, IF YOU FOGET ME.」が、横浜美術館を皮きりに、広島市現代美術館、吉井酒造煉瓦倉庫(弘前市)等、国内5ヶ所を巡回。2006年には創作ユニットgrafとのコラボレーションによる展覧会「A to Z」が、吉井酒造煉瓦倉庫で開催された。2010年から翌年にかけて、ニューヨークのアジア・ソサエティー美術館で行われた個展「Nobody’s Fool」は、同館での過去最多の入場者数を記録。
2010年米文化に貢献した外国出身者をたたえるニューヨーク国際センター賞を受賞。
詳しいプロフィール、展覧会歴などは「青森県立美術館コレクション 奈良美智」をご覧ください。

ページトップ

関連イベント

*のイベントについては、ご入場の際、当日有効の展覧会チケットをご提示ください。

アーティストトーク*

作家の奈良美智氏が新作について語ります。

日時:
12月24日(月)14:00 – 15:00【開場13:30】
会場:
青森県立美術館シアター 定員:220名
※当日10:00から1階受付で整理券を配布します。

レクチャー「奈良美智の『肖像』論」*

本展公式カタログのメインテキストを執筆した加藤磨珠枝氏が、奈良美智作品の魅力を、肖像の歴史との関わりからお話しします。

講師:
加藤磨珠枝氏(美術史家・立教大学准教授)
日時:
11月3日(土・祝)14:00 – 15:30【開場13:30】
会場:
青森県立美術館シアター 定員:220名

レクチャー講演録 2012年11月3日

ドラマリーディング「あおもり犬のおはなし」 入場無料

奈良美智氏の立体作品「あおもり犬」の物語を、俳優の声と音楽による朗読劇にて上演します。
第1回公演 10月6日(土)13:00-(約30分)
会場:「あおもり犬」前 ※雨天の場合は青森県立美術館3番エントランス前で開催
第2回公演 12月22日(土)13:00-(約30分)【開場12:30】
会場:青森県立美術館シアター

「あおもり犬帽子プロジェクト」

十和田市現代美術館、NPO法人harappa(弘前市)との共同で、県民参加によって作られた秋の帽子をかぶる「あおもり犬」をご覧いただけます。
帽子設置期間:10月6日(土)-11月11日(日)*天候によって期間中でも撤去する場合があります。
◎障害者文化芸術活動等特別啓発事業

ライブ 山口洋+細海魚 《託児サービス有》

「ワイルドサイドば歩(あさ)げ! 〜walk on the wild side.〜」

日時:
2012年10月6日(土) 開場17:30 開演18:30
会場:
青森県立美術館シアター
チケット:
2,500円(9/8(土)より発売)
予約:
npo harappa メール【live@harappa-h.org】にて受付しております。
件名を「ワイルドサイド予約」とし、お名前、希望枚数、住所、電話番号を明記の上ご予約ください。
問い合せ:
npo harappa(担当:小杉)
TEL 0172-31-0195  FAX 0172-31-0196

鑑賞ワークショップ「50歳から出会う奈良美智ワールド」*

作家と同世代以上だからこそ堪能できる奈良美智の世界へ誘います。

日時:
10月20日(土)/11月17日(土)/12月15日(土) いずれも10:00 – 11:30
対象:
50歳以上の方  定員:各回20名
要申込:
お電話で【017-783-3000】受け付けます。定員に達し次第締め切らせていただきます。

ワークショップ「あおもり犬をつくろう」 《託児サービス有》

樹脂粘土で《あおもり犬》のキーホルダーをつくるワークショップ。

日時:
10月20日(土)、2013年1月5日(土) 各日13:30 – 16:00
会場:
ワークショップB ※会場が変更になりました。
定員:
各回30名
料金:
1,000円(材料費)
要申込:
参加者氏名 (年齢)・住所・電話番号を明記のうえ、往復はがきにて申込みください。
申込締切 10月20日分→9月15日(土)消印有効
     1月5日分→12月3日(月)消印有効

ナイトミュージアム

会期中の第2、4金曜日は夜間開館(-21:00)いたします。

  • 第2金曜日には学芸員によるギャラリートークがあります。
    18:00 – (約40分) 集合場所:会場入口
  • ナイトミュージアム限定ペアチケット(一般2名様で2000円)を販売します。
  • あおもり犬連絡通路は閉鎖します。(あおもり犬は展示室の中からご覧いただけます。)
  • ミュージアムショップも21時まで営業します。
  • カフェ「4匹の猫」は夜間営業いたしません。

十和田市現代美術館でも奈良美智展を開催

「青い森の ちいさな ちいさな おうち」
2012年9月22日(土・祝)-2013年1月14日(月・祝)
「奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている」展観覧券提示で100円割引。
※詳しくは十和田市現代美術館ホームページで towadaartcenter.com

ページトップ

お問い合せ先

奈良美智展青森実行委員会(青森県立美術館内)
〒038-0021 青森市安田近野185
Tel: 017-783-3000(代表) Fax: 017-783-5244

ページトップ

事業概要

名称:
奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている
NARA Yoshitomo:a bit like you and me...
会期:
2012年10月6日(土) – 2013年1月14日(月・祝)
開館時間:
9:30 – 17:00(入館は16:30まで) ※会期中第2、4金曜日は21時まで開館
会場:
青森県立美術館企画展示室ほか
共催:
東奥日報社
協賛:
SHISEIDO / 北斗建設株式会社 / 弘果グループ / 青森銀行 / みちのく銀行
助成:
公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
協力:
十和田市現代美術館 / 青い森鉄道 / ホテル青森 / AVRIL
後援:
青森県教育委員会 / 弘前市 / JR東日本盛岡支社 / JR東日本秋田支社 / 青森観光コンベンション協会 / 弘前観光コンベンション協会 / 八戸観光コンベンション協会 / テレビ岩手 / ABS秋田放送

ページトップ