Alvar Aalto – Second Nature


チラシ (PDF/1.4MB)

建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーです。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に即した要素をとりいれ、人々の暮らしをよりよくするための建築を追求しました。彼が建築にあわせてデザインしたドアノブや照明器具、家具に至るまで、細部にこだわりながら全体の空間の調和をはかりつつ作られたその環境は、あたかも人間にとっての「もうひとつの自然」であるかのようです。なかでもパイミオのサナトリウム(1933年)は、結核患者がたっぷりと自然の光と清浄な空気をあびながら療養するために配慮された、アアルトの人に優しい建築の代表的な作品です。また、マイレア邸(1939)、ヴォクセニスカの教会(1958)など、私邸から公共建築にいたるまで、自然の素材を生かしつつ、周囲の環境や建物の諸要素の間の有機的なつながりの感じられる建築をデザインしています。さらに、アームチェアやスツールなどの家具、サヴォイ・ベースに代表される有機的な形態をもつガラス器などのプロダクトデザインは、現在もなおフィンランドを代表するデザインとして親しまれています。

本展覧会はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画により、各国を巡回する回顧展であり、日本では約20年ぶりの大規模な展覧会となります。オリジナルの図面、家具、ガラス器、建築模型等、約300点を紹介する本展を通じ、フィンランドの豊かな北の自然に根ざしたヒューマニズムの建築家・アルヴァ・アアルトの魅力を感じてください。

展示の見どころ

  1. アアルトの代表作、パイミオのサナトリウムの一室を当時の家具等で再現する他、アアルトのデザインした家具やガラス器、建築模型など立体的な展示でアアルトのデザインの魅力を伝えます。
  2. ドイツの写真家、アルミン・リンケによるアアルトの建築のアーティスティックな写真や、ニューヨーク万国博覧会場のCGによる再現をはじめ、豊富な写真や映像でアアルトのデザインを解説・紹介します。
  3. また、館内にはアルテックの協力のもと、アアルトのデザインした家具等を体感・撮影できる特設コーナーを設置します。またミュージアムショップでは展覧会公式カタログの他、オリジナルグッズやアアルトのデザイン製品の現行品を販売。

ページトップ

展示構成

時系列およびその時期のアアルトの主要な関心に沿ってその仕事を紹介します。

  1. Elective Affinities 選択的親和力
  2. Multisensory Environments 多感覚的空間
  3. Art and Life 芸術と生活
  4. Better Things for Everyday Life より良いものを毎日の生活に
  5. Architecture of Synthesis 統合的建築

ページトップ

展覧会概要

名称:アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然
会期:2019年4月27日(土)~ 6月23日(日)
休館日:5月13日(月)、5月27日(月)、6月10日(月)
開館時間:5月31日まで 9:30—17:00(入館は16:30まで)
     6月1日から 9:00—18:00(入館は17:30まで)
会場:青森県立美術館 企画展示室
観覧料:一般  1,500円(1,300円)/ 高大生 1,000円(800円)/ 小中学生無料

※( )は前売券及び20名以上の団体料金
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料

前売券販売
ローソンチケット(Lコード21334)、セブンチケット、ポみっと!チケット
青森県内各プレイガイド(4月26日まで販売)

ページトップ

主催等

主催:アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然展実行委員会
   (青森放送、青森県観光連盟、青森県立美術館)
   読売新聞社、美術館連絡協議会

協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、インターオフィス
協力:ルフトハンザ ドイツ航空、ルフトハンザ カーゴ AG、青い森鉄道株式会社、株式会社JR東日本青森商業開発
後援:フィンランド大使館、NHK 青森放送局、青森ケーブルテレビ株式会社、青森県教育委員会

ページトップ

お問合せ

アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然展実行委員会事務局(青森県立美術館内)
〒038-0021 青森県青森市安田字近野185
電話:017-783-3000

ページトップ

 

関連プログラム

記念講演会1「アルヴァ・アアルト入門-ヒューマニズムの建築家」

講師:和田菜穂子(建築史家・東京建築アクセスポイント代表)
日時:4月27日(土)14:00—15:30
場所:青森県立美術館シアター(定員180名、入場無料、先着順)

記念講演会2「フィンランドの風土とアアルト建築の光」

講師:小泉隆(九州産業大学建築都市工学部教授)
日時:5月11日(土)14:00—15:30
場所:青森県立美術館シアター(定員180名、入場無料、先着順)

担当学芸員によるギャラリートーク

日時:5月18日(土)、5月25日(土)、6月1日(土)、6月8日(土)、6月15日(土)、6月22日(土)14:00—15:00
参加方法:時間までに美術館地下2階・企画展示室入り口にお越し下さい。
参加無料、要展覧会チケット

コレクション展「デザインあれこれ」

会期:3月9日(土)~7月7日(日)
休館日:3月25日(月)、4月8日(月)、4月22日(月)、5月13日(月)、5月27日(月)、6月10日(月)、6月24日(月)
当館コレクションから、石井康治のガラス作品、棟方志功、菊地敦己のデザインワーク、成田亨の怪獣デザインなど、デザインに関連する作品を展示。また、青森の工芸デザインとして広く人気を博しているブナコの特別展示も行ないます。
※コレクション展は別途観覧料が必要です。


  • 《アトリエのアアルト》 1945年
    Aalto in his studio, 1945
    ©Alvar Aalto Museum,photo: Eino Mäkinen

建築


  • アルヴァ・アアルト《パイミオのサナトリウム》1928-33年 パイミオ、フィンランド
    Tuberculosis sanatorium, Paimio, FInland, Alvar Aalto, 1928-33
    ©Alvar Aalto Museum

  • アルヴァ・アアルト《ペンダント・ランプ A331 ビーハイヴ(ハチの巣)》1953年
    Pendant Lamp A331, “Beehive,” Alvar Aalto, 1953
    ©Vitra Design Museum,photo: Andreas Jung

  • アルヴァ・アアルト《アームチェア 41 パイミオ 》1932年
    Paimio Armchair N˚41, Aalto, 1932
    ©Vitra Design Museum,photo: Jürgen Hans

ページトップ