青森県立美術館
第1回
美術館の映画祭

The Premiere: An Art Museum Film Festival

映画は、闇のなかの美術館

Movies in Darkness of the Art Museum

2006年11月22日 (水) - 26日 (日)
会場 : 青森県立美術館シアター
2006.11.22 (wed) -26 (sun)
AOMORI MUSEUM OF ART,THEATER

 

青森県立美術館は、あらゆる芸術の出逢いの場です。
絵画、演劇、音楽、ダンス・・・。
でも、内緒の話をすれば、映画は、演劇も音楽もダンスも、
そして映画自身をも自分たちのテーマとしてその作品を作り上げてきました。
シャガールが夢を見て、棟方志功がうなり、アラーキーにみんなが笑い、
奈良美智と仲間たちの終わらない夏に、映画は迫ります (初日) 。
美術館に迷い、美術館を走り抜け、美術館で恋をする映画たち (2日目)。

アメリカン・バレエ・シアターの実態も、歌舞伎の世界も、
映画はなんでもお手のものです (3日目)。
映画は、演劇のみならず、その舞台裏(バックステージ)までお見せします (4日目)。
最終日は、「映画」という幻影を追い求める作品を選りすぐりました。

暗闇のなかに光り輝く美術館へ、どうぞお出で下さい。



上映作品 + スケジュール

11月22日 (水) われらの美術館

  10:30 オープニング 実行委員会挨拶
10:45 シャガール ロシアとロバとその他のものに
CHAGALL,A LA RUSSIE, AUX ANES ET AUX AUTRES
13:00 彫る 棟方志功の世界 HORU –MUNAKATA SHIKO NO SEKAI
14:00 青森ノ顔 縄文ノ顔 AOMORI NO KAO JOMON NO KAO
15:50 NARA:奈良美智との旅の記録 NARA YOSHITOMO TONO TABI NO KIROKU

11月23日 (木) 美術館をめぐる冒険

  10:30 パリ・ルーヴル美術館の秘密 LA VILLE LOUVRE
13:00 はなればなれに BANDE A PART
15:00 パリのランデブー LES RENDEZ-VOUS DE PARIS
17:00 エルミタージュ幻想 RUSSIAN ARK

11月24日 (金) 美術館は舞台 -- 追悼 ダニエル・シュミット

  10:30 BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界 BALLET
14:20 残菊物語 THE STORY OF THE LAST CHRYSANTHEMUMS
17:15 書かれた顔 THE WRITTEN FACE
19:05 トスカの接吻 IL BACIO DI TOSCA

11月25日 (土) 芝居もある美術館

  10:30 人生とんぼ返り JINSEI TONBO GAERI
13:30 Wの悲劇 W'S TRAGEDY
15:30 シンポジウム 「映画の呼吸」 澤井信一郎監督をお迎えして
17:00 恋ごころ VA SAVOIR
20:00 交流会

11月26日 (日) 幻影の美術館

  10:30 紙の花 KAAGAZ KE PHOOL / PAPER FLOWERS
  14:00 ユリシーズの瞳 TO VLEMMA TOU ODYSSEA
  17:20 楽日 不散/ GOODBYE, DRAGON INN
  19:00 シネマ・パーティー

※都合により、上映作品・上映時間が変更になる場合がございます。

ページトップ

上映作品紹介

11月22日 (水) われらの美術館

シャガール ロシアとロバとその他のものに
CHAGALL, A LA RUSSIE, AUX ANES ET AUX AUTRES
2003年/フランス/カラー/52分
監督:フランソワ・レヴィ・クエンツ 出演:マルク・シャガール

ユダヤ人であるがゆえに、キャンバスに向かって生きた画家シャガール。
同時代の画家やシャガール自身も登場する貴重なフィルム。

彫る 棟方志功の世界
HORU -MUNAKATA SHIKO NO SEKAI
1975年/日本/カラー/38分
監督:柳川武夫 出演:棟方志功

「わだばゴッホになると言った棟方志功は、世界のMunakataになった」。
隻眼の彫刻家、棟方志功の創作と生活をまるごと捕らえた作品。

青森ノ顔 縄文ノ顔
AOMORI NO KAO JOMON NO KAO
2006年/日本/カラー/90分
ディレクター:遠田裕司 出演:荒木経惟

天才アラーキー、青森上陸!そして、撮影した青森の顔は、なんと687名。
その現場を一切の説明を排して見せる、ストイックな記録映像。

NARA:奈良美智との旅の記録
NARA YOSHITOMO TONO TABI NO KIROKU
2006年/日本/カラー/90分予定
監督:坂部康二 出演:奈良美智

奈良美智とgrafが、弘前のレンガ倉庫につくりあげた夢の街「A to Z展」。
420日におよぶ、その模様に完全密着。青森県立美術館でのプレミアム上映!

11月23日 (木) 美術館をめぐる冒険

パリ・ルーヴル美術館の秘密
LA VILLE LOUVRE
1990年/フランス/カラー/85分
監督:ニコラ・フィリベール

巨大な絵画の搬入、絵画の修復、清掃から食事作りまで、
世界最大級の美術館、ルーヴル美術館の裏側を追ったユニークなドキュメンタリー。

はなればなれに
BANDE A PART
1964年/フランス/モノクロ/96分
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演:アンナ・カリーナ サミー・フレイ

冬のパリ、屋敷から大金を奪おうとする2人の男と1人の女。
マジソン・ダンス、美術館での遊技など、ポップな感覚も楽しい愛すべき傑作。

パリのランデブー
LES RENDEZ-VOUS DE PARIS
1994年/フランス/カラー/100分
監督:エリック・ロメール 出演:クララ・ベラール アントワーヌ・バズラー

ほとんどのシーンがパリの街角や美術館を舞台にしたデートシーンという驚異の映画。
絵画を前に繰り広げられる恋人たちのおしゃべりをご堪能あれ!

エルミタージュ幻想
RUSSIAN ARK
2002年/ロシア・ドイツ・日本/カラー/96分
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:セルゲイ・ドレイデン

エルミタージュ美術館で2000人のキャスト・スタッフを用い、
ロシア史のエピソードを、なんと90分ワンカットで撮影。絢爛豪華な歴史絵巻。

11月24日 (金) 美術館は舞台 -- 追悼 ダニエル・シュミット

BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界
BALLET
1995年/アメリカ/カラー/170分
監督:フレデリック・ワイズマン 出演:アメリカン・バレエ・シアター

世界的なバレエ団、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)の活動に密着。
監督はドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン。

残菊物語
THE STORY OF THE LAST CHRYSANTHEMUMS
1939年/日本/モノクロ/143分
監督:溝口健二 出演:花柳章太郎 森赫子 梅村蓉子 高田浩吉

ゴダールが「最も偉大な映画作家のひとり」と敬服した監督、溝口健二の傑作。
ある歌舞伎役者の哀感漂う没落と栄光の物語を描く。

書かれた顔
THE WRITTEN FACE
1995年/スイス・日本/カラー/89分
監督:ダニエル・シュミット 出演:坂東玉三郎 武原はん 杉村春子 大野一雄

今年8月に亡くなったスイスの映画作家、ダニエル・シュミットが、
現代日本を代表する歌舞伎役者のひとり、坂東玉三郎の魅力に迫る。

トスカの接吻
IL BACIO DI TOSCA
1984年/スイス/カラー/87分
監督:ダニエル・シュミット 出演:サラ・スクデーリ ジョヴァンニ・ブリゲドゥ

どこまでが舞台で、どこまでが実生活なのか? 
引退した音楽家たちの福祉施設に住む人々を捕らえた、映画ならではの魔術にあふれた一本。

11月25日 (土) 芝居もある美術館

人生とんぼ返り 
JINSEI TONBO GAERI
1955年/日本/モノクロ/117分
監督:マキノ雅弘 出演:森繁久弥 山田五十鈴 左幸子 沢村国太郎

チャンバラの型を作る殺陣師として、新国劇の舞台に人生を捧げる男・段平と妻のお春。
マキノ雅弘監督が放つ、人情味あふれる催涙弾映画。

Wの悲劇
W'S TRAGEDY
1984年/日本/カラー/108分
監督:澤井信一郎 出演:薬師丸ひろ子 世良公則 三田佳子

1980年代のアイドル、薬師丸ひろ子。その彼女が劇中でも実人生でも
真の女優となる一瞬が目撃できる日本映画史上、稀有な「女優の映画」。

恋ごころ 
VA SAVOIR
2001年/フランス/カラー/155分
監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャンヌ・バリバール

本番を目の前に芝居の稽古に励む女優カミーユ。そして今の恋人と昔の恋人。
ジャック・リヴェット監督が描くチャーミングな大人の恋物語。

11月26日 (日) 幻影の美術館

紙の花
KAAGAZ KE PHOOL/PAPER FLOWERS
1959年/インド/モノクロ/148分
監督:グル・ダット 出演:グル・ダット

インドの天才グル・ダット最後の監督作品。
ダット自らが演じる映画監督と女優の出会いと別れを、壮大なスケールで描いた大メロドラマ。

ユリシーズの瞳
TO VLEMMA TOU ODYSSEA
1995年/フランス・イタリア・ギリシャ/カラー/177分
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:ハーヴェイ・カイテル

幻のフィルムを探すひとりの映画監督の物語。
溝口健二を敬愛してやまないテオ・アンゲロプロス監督による、あまりにも贅沢な映像叙事詩。

楽日
不散/ GOODBYE, DRAGON INN
2003年/台湾/カラー/82分
監督:ツァイ・ミンリャン 出演:チェン・シャンチー リー・カンション

台湾の鬼才ツァイ・ミンリャン監督が放つ、映画への愛に満ちた渾身の一作。
実在する古い映画館を舞台に繰り広げられる人間模様を描く。

ページトップ


料金

1回券/1200円 (前売り 1000円)
1回券3枚綴り/前売り 2500円
大学生以下は当日券600円のみ
※会場が満席となった場合、入場をご遠慮いただくこともありますので、ご容赦下さい。
ページトップ

チケット取扱

・11月3日より発売
さくら野青森店、成田本店新町店、サンロード青森、紀伊國屋書店弘前店、JOYPOPS、弘前大学生協、三春屋
・11月7日より発売
青森県内サークルK・サンクス全店
ページトップ

シンポジウム 「映画の呼吸」 澤井信一郎監督をお迎えして

映画祭上映作品「Wの悲劇」の監督であり、この10月に書籍「映画の呼吸」を上梓した澤井信一郎氏をお招きし、「Wの悲劇」を中心に、映像を用いながら、いろいろとお話をうかがいます。映画・映像の仕事を志す人は必見のシンポジウムです。
お話の聞き手は青森県立美術館映像事業実行委員会委員であり、「映画の呼吸」のインタビュアーでもあるグラフィック・デザイナー鈴木一誌氏です。
日時 : 11月25日 (土) 15:30 -
会場 : 青森県立美術館 シアター
料金 : 入場無料
ページトップ

交流会・パーティー

11月25日 (土) 20:00 - /交流会
澤井信一郎氏を交えて、簡単な食事会を開催します。どなたでも参加できます。
11月26日 (日) 19:00 - /シネマ・パーティー
映画祭終了後、映画を語り合う場として、簡単なパーティーを開催。どなたでも参加できます。
会場 : 青森県立美術館 カフェ 「4匹の猫」
料金 : 1000円 (ワンドリンク付き)
申込方法 : 開催日前日まで、お電話 (017-783-5243) 、又は会場受付にてお申し込み下さい。
ページトップ

交通案内

青森県立美術館までの交通案内はアクセスマップのページをご覧下さい。
11月22日 - 24日の上映終了後、ならびに25日、26日の交流会・パーティ終了後、青森駅行きの有料シャトルバス (300円) をご用意いたします。ご利用の申込みは、ご利用希望日の3日前まで、下記問い合わせ先で電話にて受け付けます。
ページトップ

お問い合わせ

青森県立美術館映像事業実行委員会 (青森県立美術館内)
住所 〒038-0021 青森市安田字近野185
Tel 017-783-5243
Fax 017-783-5244

ページトップ