アートカードとは

アートカードは、楽しく遊びながら美術鑑賞への関心を高める導入教材として、1980年代にアメリカで開発されました。近年の美術鑑賞教育では、コミュニケーション能力を高めるという観点から、「見て、考えて、伝える」という行為が重視されています。「あるカードとあるカードを比較する」、「ランダムにカードを組み合わせて即興で物語を作る」といったアートカードゲームには、常に「よく見て考える」、「言葉で伝える」という過程が含まれ、鑑賞教育のエッセンスが集約されています。ゲームを通して楽しみながら鑑賞を行い、作品の細部を観察する力や感じたことを言葉で表現する力を育むことができるのが、アートカードの良いところです。

「青森県立美術館アートカード」の特徴

「青森県立美術館アートカード」は、当館の収蔵作品のうち、奈良美智や棟方志功、斎藤義重、豊島弘尚といった青森県ゆかりの作家の作品や三内丸山遺跡出土の文化財等50点をハガキ大のカードにしたものです。図画工作や美術の授業における鑑賞教育の手助けとなるよう、県内の学校、教育機関、教育研究団体等へ貸し出しを行っています。
カードの裏には作品名・作家名・制作年・材質技法が記されているので、ゲームを楽しんだ後に気に入った作品や作家について調べてみる、といった展開も考えられます(同封されている利用ガイドには作家プロフィール等も記載されています)。通常の授業での利用以外に、美術館来館の際の事前・事後学習にも効果的です。はじめての方も簡単に利用できますので、さまざまな場面でご活用ください。


この他にも工夫次第で多様な遊び方ができます。ぜひ色々な活用法を探してみてください。


借用申込

最寄りの貸出施設に電話連絡したのち、借用申込書をFAXでお送りください。

貸出し内容

「アートカード (50枚1組) 」×6セット
「利用ガイド冊子」×1冊

貸出期間

学期毎

貸出施設

  • 青森県立美術館 Tel 017-782-1919 / Fax 017-783-5244
  • 青森県総合学校教育センター Tel 017-764-1997 / Fax 017-728-6351
  • 青森市教育研修センター Tel 017-743-4900 / Fax 017-743-4919
  • つがる市生涯学習交流センター Tel 0173-42-5532 / Fax 0173-42-5542
    「松の館」 (つがる市教育委員会指導課)
  • 五所川原市立図書館 Tel 0173-34-4334 / Fax 0173-34-3256
  • 弘前市教育研究所 Tel 0172-26-4802 / Fax 0172-26-2250
  • 十和田市現代美術館 Tel 0176-20-1127 / Fax 0176-20-1138
  • むつ市立図書館 Tel 0175-28-3500 / Fax 0175-28-3400
  • 八戸市美術館 Tel 0178-45-8338 / Fax 0178-24-4531

ページトップ