1914(大正3)年、青森市に生まれる。旧制青森中学校在学中、版画に関心を持ち、版画同人誌に参加。中学卒業の頃から、今純三の許に通う。弘前市出身の今は、本郷洋画研究所などに学び、油彩画で帝展入選を果たすが、関東大震災をきっかけに帰郷し、青森市のアトリエで銅版画や石版画の研究に取り組んでいた。ここで木版画に加え、銅版、石版の技法も学んだ関野は、日本版画協会展や地元の東奥美術展に入選を果たす。38(昭和13)年には日本版画協会会員に推挙され、翌年画家として身を立てることを決意し上京。創作版画の中心的存在であった恩地孝四郎を慕い、恩地宅での版画研究会「一木会」に参加し、版画協会展や国画展に出品する。
戦後の50年代には、杉並区高円寺にあった自宅を「火葬町銅版画研究所」として駒井哲郎とともに勉強会を開催。浜口陽三、浜田知明をはじめ、年若い加納光於、小林ドンゲ、野中ユリらも訪れる研鑽の場となった。当時、海外の動向に刺激されて日本でも抽象表現が主流となっていたが、戦前から具象・抽象に囚われず版画独自の表現を追求する恩地の創作活動に身近に接していたこともあり、関野は具象的な主題を描いているだけで時代遅れと決めつけるような風潮に違和感を抱いていた。具象的な肖像などを制作する一方で、色や形を強く意識して幾何学的な画面構成やデフォルメを施した作品も試み、やがて具象・抽象という形式上のしがらみから抜け出し、対象に向き合って見出した印象を、大胆な色彩感覚と巧みな画面構成で表現する独自の作風を築いていった。58年の欧米旅行から戻って制作した旅先での風景画が国際展で受賞するなど、同世代の作家とともに、戦後、日本の現代版画が国際的に高い評価を得る一翼を担った。
ライフワークとなった「東海道五十三次」シリーズをはじめ、木版による風景画や人物像を創作活動の中心としつつ、銅版、石版、異なる技法の組み合わせなどによる多種多様な作品を数多く残した。57年に転居した調布市のアトリエで創作を続け、88年、死去。
 青森県立美術館、青森市、調布市郷土博物館をはじめ多くの美術館に作品が所蔵されている。




《フィレンツェの甍(甍十二題)》
1959年
紙・多色木版
81.5×56.0 cm


《サンマルコ》
1976年
紙・銅版
125.0×36.2 cm


《恩地孝四郎像》
1952年
紙・多色木版
62.0×48.0 cm


ページトップ