1959(昭和34)年、青森県弘前市に生まれる。1978年、青森県立弘前高等学校卒業後、上京。1981年、愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻に入学。1987年、同大学大学院修士課程修了後、1988年にドイツに渡り、国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに入学する。在学中はミヒャエル・ブーテやA.R.ペンクのクラスに属す。アカデミー終了後、1994年、ケルンに移り住む。2000年の帰国まで続くケルン時代は多作な時期で、代表的な奈良のイメージとして知られる挑戦的な眼差しの子どもの絵もこの頃頻繁に描かれた。また、この間、日本やヨーロッパでの個展の機会が増え、しだいにその活動に注目が集まる。
2000年、12年間におよぶドイツでの生活に終止符を打ち、帰国。翌年、新作の絵画やドローイング、立体作品による国内初の本格的な個展「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」が横浜美術館を皮切りに国内5ヵ所を巡回した。いずれの会場でも驚異的な入場者数を記録し、美術界の話題をさらった。特に作家の出身地である弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で行われた同展は、延べ4600名にのぼるボランティアにより運営されたもので、市民の主体的な関わりと参画の規模の大きさにおいて、展覧会の歴史上画期的なものとなった。
2003年、クリーブランド現代美術館など米国内5ヵ所で1997年以後の作品による個展「Nothing Ever Happens」が開催される。この頃に出会った大阪のクリエイティブ・ユニットgrafとの協働により、廃材を用いた小屋を中心に展示空間を構成するインスタレーション的な性格の強い作品が増え始める。2006年に青森県弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で開催された「A to Z」展は、そのシリーズの集大成といえるもので、大小約30軒の小屋の内外に奈良自身や彼と交遊のあるアーティストたちの作品を点在させた会場は、さながら一つの街並みのような様相を呈した。
2010年から翌年にかけて、ニューヨークのアジア・ソサエティー美術館で行われた大規模な個展「Nobody’s Fool」も好評を得、同館での過去最多の入場者数を記録した。2010年に奈良は、米文化に貢献した外国出身者をたたえるニューヨーク国際センター賞を受賞。
青森県立美術館では、1998年から奈良美智作品の収蔵を始め、現在その数は166点。館の敷地には、巨大な犬の立体作品≪あおもり犬≫や宗教的な建造物を思わせる八角形の建物の中に皿型の絵を展示した≪八角堂≫といった、建築空間を強く意識して作られたコミッションワークもある。
その他、東京都現代美術館、ニューヨーク近代美術館(アメリカ)など、国内外の多くの美術館に作品が収蔵されている。




≪続いてゆく道に≫
アクリル・キャンバス
100*100cm
1990年
©Yoshitomo Nara


≪Mumps≫
アクリル・綿布を貼付したキャンバス
120*110cm
1996年
©Yoshitomo Nara


奈良美智+graf
≪ニュー・ソウルハウス≫
ミクストメディア
2006-2008年
©Yoshitomo Nara


ページトップ