1903(明治36)年、青森県青森市に鍛冶屋の三男として生まれる。幼い頃より絵を描くことを好み、ほぼ独学で油彩画を手がけるようになる。18歳の時、文芸誌『白樺』に掲載されたゴッホの《向日葵》を見、その荒々しくも情熱的な表現に感銘を受け、油彩画家を志すようになる。友人の松木満史、鷹山宇一、古藤正雄とともに美術サークル「青光画社」を結成、展覧会などを開催しながら絵画について研究を重ね、1924年上京して帝展入選を目指すが、何度かの落選を重ねる。一方、この頃に国画創作協会第5回展に出品された川上澄生の《初夏の風》を見て感銘を受け、木版画を制作するようになり、1928年には日本版画協会展において初入選を果たす。また同年、油彩画《雑園》で帝展初入選も果たす。
《星座の花嫁》に代表されるこの時期の棟方の版画は、川上澄生の影響を強く感じさせるものであったが、その後、数年のうちに《萬朶譜》、《大和し美し》といった代表作を制作、黒と白を基調とした独自の表現スタイルを見出すに至る。特に《大和し美し》が第11回国画会展に出品された際、陶芸家濱田庄司の目にとまったことをきっかけに柳宗悦の知遇を得るところとなり、その後、民芸の作家達との交流の中で仏教や古典文学等の知識を深めながら、より強固な独自の表現を切り開いていった。1938年には謡曲「善知鳥」に題材をとった《勝鬘譜善知鳥版画曼荼羅》で第2回新文展の特選を得たが、これは官展において版画が受賞を果たした初の快挙となった。翌年には代表作《二菩薩釈迦十大弟子》を発表、また、1942年より著書の中で自らの木版画を「板画」と呼び、他の創作版画との差別化を図るようになる。
第二次大戦中は東京にとどまるが、終戦直前の1945年4月に富山県福光町(現・南砺市)に疎開。同年5月の東京大空襲で自宅を焼失し、板木の多くを失う。
戦後の棟方は、1955年に第3回サンパウロ・ビエンナーレでメタルールジカ・マタラッツォ賞(版画部門最高賞)を、1956年に第28回ヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞を受賞するなど国際的な評価を確立し、1959年にはロックフェラー財団とジャパン・ソサエティの招きにより初めて渡米、各地で個展を開催し、大学で「板画」の講義をおこなった。また、約9ヶ月の渡米中ヨーロッパへも足を延ばし、各地の美術館を見学している。
1960年頃から眼病が悪化し、左眼が殆ど失明状態となるが、その旺盛な制作活動は晩年になっても衰えを見せず、《花矢の柵》、《大世界の柵》など「板壁画」とよばれる大型の作品を手がけた。1970年には文化勲章を受章。「板画」の他、自ら「倭画」と名づけた即興的な日本画を数多く制作、大衆的な人気を獲得していった。
1973年、鎌倉市に財団法人棟方板画館を開館したが、翌74年に健康を害して入院、1975年5月に東京の自宅で死去。同年11月、青森市に棟方志功記念館が開館した。




≪八甲田山麓図≫
1924年
油彩・板
23.5×33.0㎝


≪勝鬘譜善知鳥版画曼荼羅≫
1938年
木版・紙
各24.0×28.0㎝



≪花矢の柵≫
1961年
木版、彩色・紙
252.0×711.0㎝

ページトップ