1910(明治43)年、青森県青森市(旧浪岡村)に生まれる。1925年、旧制青森中学入学。同級生に津島修治(後の作家 太宰治)がおり、文学に熱中。卒業後、1929(昭和4)年に京都絵画専門学校に進み、日本画を専攻、入江波光の指導を受ける。
1934年、同校卒業後青森に戻り、代用教員として野辺地小学校、ついで野辺地中学校で美術を教える。この時期、油彩画に転向し、従兄弟の画家・常田健とグレル家というグループをつくり、かねてから関心をもっていたルネサンス期を中心にした西欧絵画や、メキシコの壁画運動などを研究した。1935年に上京。
1938年、≪見送る人々≫(兵庫県立近代美術館蔵)を制作、同年二科展に出品、入選。高く評価されたが、向井潤吉の≪突撃≫とともに雑誌『国際写真画報』に掲載されたこの作品が、当時の駐アルゼンチン大使から「日本人とは思えない」と評されたことが契機となり、時流にそぐわない作家として排斥される。
1943年の秋、招集され、満州へ出征。敗戦後はシベリアに抑留され、1947年の1月になってようやく帰国する。しかしシベリアでの過酷な体験、1948年の親友太宰のセンセーショナルな死や、生活上の様々な苦悩などもあり、それからの合成の作風は、表現主義的と評されるような情念をむき出しにしたものとなる。
1959年12月、日本での生活の束縛から離れるように、アメリカにわたり、メキシコに向かう。日墨会館の一室に画室を提供され、精力的に制作し、翌年には、国立近代美術館の別館である「サロン・デ・ラ・プラスティカ・メヒカーナ」で個展を開催。1960年、帰国。1963年に再婚した由利子夫人と共に再び渡墨して、翌年再び個展を開催し好評を得、そのままヨーロッパを歴遊し帰国する。
1964年冬、帰国後すぐに、旧制青森中学以来の親友であった太宰治を記念する碑を、「太宰治碑建立委員会」より委嘱され、翌年、金木芦野公園登仙岬に制作、設置する。この頃から死者の世界を見つめるような作品が増えてくる。どくろやミイラ、死んだ子供などが、あるいは単独で、あるいはキリスト教的なテーマと組み合わされて表現される作品群が制作された。
1969年、入院し胃の手術を受ける。1972年6月18日、癌により死去。




≪田園≫
1939年頃
油彩・板
60.9×72.6cm


≪自画像≫
1960年
油彩・板
120.2×64.4cm


≪声なき人々の群れ(A)≫
1966年
合板・油彩
92.2×56.1cm


ページトップ