「地域と風土に密着した芸術を重視するとともに、豊かな感性を養い、未来の創造に資することのできるような美術資料の収集を行う」という理念のもと、資料をコレクションしてきました。

郷土の作家では、棟方志功、関野凖一郎、斎藤義重、小野忠弘、阿部合成、野沢如洋、橋本花、工藤甲人、工藤哲巳、寺山修司、成田亨、奈良美智など個性豊かな作家の作品が楽しめます。青森県以外の作家では、荒川修作、今井俊満、恩地孝四郎、高山良策、鳥海青児、浜口陽三、山口長男など、海外作家ではシャガール、カンディンスキー、クレー、マティス、レンブラント、ルドン、ピカソといった作家の作品を収集しています。


シャガール: バレエ「アレコ」舞台背景画

20世紀を代表する画家の一人、マルク・シャガール(1887-1985)は、1942年、亡命先のアメリカでバレエ「アレコ」の舞台装飾に取り組みました。青森県は、全4幕からなるそのバレエの背景画の内、3点を収蔵しています。1点の大きさは縦が約9メートル、横は約15メートル。巨大な画面にシャガールの色彩への情熱がほとばしっています。


主要作家

主要な作家のプロフィール、作品、展覧会歴などをご紹介します。

阿部合成
ABE Gosei (1910–1972)

工藤甲人
KUDO Kojin (1915–2011)

工藤哲巳
KUDO Tetsumi (1935–1990)

関野凖一郎
SEKINO Jun-ichiro (1914–1988)

奈良美智
NARA Yoshitomo (1959-)

棟方志功
MUNAKATA Shiko (1903–1975)