関野凖一郎展関連企画「銅版画制作ワークショップ~銅版画の線を描き出す~」を開催しました

講師 田村茂樹氏 参加者の作業風景 プレス前の作品
10月4日(土)から開催している企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展に関連した銅版画制作ワークショップを開催しました。講師に版画家・戸村茂樹氏をお招きし、高校生以上の方を対象に行いました。
 まずは、戸村氏から銅版画の道具、作品、銅版画のしくみなど、実際に作業をしながらお話をしていただき、とてもわかりやすい解説でした。参加者の方もメモを取りながら興味津々!参加者の方は、実際に銅版を見るのも触るのもはじめてという方が多く、話の後には体験したほうがもっとわかりやすい!!という事で、戸村氏が事前に用意した加工済みの銅版をみなさん摺ってみました。今回は黒一色で摺るということで工程は単純なものの、期待する摺りあがりになかなかならず苦戦しました。インクのつめ方や拭き取り加減が難しいのです。調整しながら、3,4枚、摺りの練習を重ね、昼食と休憩のあと、午後からは実際に銅板を削る作業を行いました。

今回のワークショップでは、銅版画でオリジナルの作品を作るというより、ムーレットやバニッシャーという銅版画専用の道具を使い、線を描き出すことがもともとのねらいでしたので、銅板を削るだけのドライポイントで版をつくりました。1日目はニードルという先の細い道具を使い線の表現を行い、2日目はムーレットで黒い面に摺りあがるよう版を削り、そこへバニッシャーで摺りあがりに白く線がでるよう版に磨きをかける作業を行いました。1日目、2日目とそれぞれ違う技法を版に取り入れ、何枚か摺りあげたもののうち、それぞれ1番よく摺りあがったものをベニヤ板に水張り(湿ってのびた紙が乾く際にゆがまないようにする作業)をして持ち帰っていただきました。
記念に参加者の版を一枚の大きな紙にまとめて摺ってみました!その作品と一緒に集合写真も撮りましたよー!!
また、銅版画制作を終了した後、関野凖一郎展もポイントを押さえながら鑑賞しました。実際作業してから見る銅版画作品は、工程がわかる分、驚きが増したようです。
帰り際、みなさん笑顔で帰る様子が大変うれしかったです。
ご参加ありがとうございました。
by 普及スタッフ | 2014年11月13日 18:17 | 関野凖一郎展 | トラックバック (0)

関野凖一郎展 5,000人達成しました!

a
開催中の企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展で、本日5,000人目のお客様をお迎えしました!

5,000人目のお客様となられたのは、仙台市からお越しの方です。
ご家族と共に青森に旅行で来られたそうで、青森に来たら青森県立美術館に行きたい!と思っていたとのこと。
関野の作品の繊細な部分をじっくり見ていきたいと話されていました。

記念品として、鷹山館長から、関野凖一郎展の図録と当館オリジナルポストカード・色鉛筆(非売品)をプレゼントさせていただきました。
おめでとうございます!!

関野凖一郎展は11月24日までです!
残り2週間ちょっと。どうぞお見逃しのないよう!

関野凖一郎展 日曜日ギャラリートークを開催しています!

a
開催中の企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展のギャラリートークを毎週日曜日(11/9を除く)に開催しています!

作品の解説はもちろんのこと、関野はお酒好きだった!、ホームセンターに行くのが好きだった!?、などなど誰かに教えたくなるようなちょっとしたこぼれ話も(笑)
関野凖一郎はどんな人だったのかを知るとさらに作品鑑賞が楽しめますよ!
もちろん無料で参加できますので、たくさんのご参加お待ちしております!

日時:11月2日(日)・16日(日)・23日(日)  各日とも13:30-

参加料無料
※ただし、展覧会チケットが必要です

参加ご希望の方は当日、地下2階チケット売り場にお集まりください。

10月23日は関野凖一郎の100回目の誕生日!プレゼント企画実施します!

写真
10月23日はなんと、関野凖一郎のちょうど100回目の誕生日です!!

これを記念して、企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展をご観覧した方、先着100名様に、青森県美オリジナル色鉛筆をプレゼントします!

10月23日は関野凖一郎展を見て、青森県美で関野凖一郎の誕生日をお祝いしましょう♪

関野凖一郎展関連ワークショップ 「木版画制作ワークショップ~多色摺りを体験してみよう~」を開催しました

関野洋作氏 作業風景 展示鑑賞
10月4日(土)から開催している企画展「生誕100年 昭和の版画師関野凖一郎」展に関連し、講師には版画家・関野洋作氏(版画家・関野凖一郎氏ご子息)をお招きして、親子を対象にした木版画制作ワークショップを開催しました。

制作内容は、葉書大の版を2枚使用し裏表の4面を彫り、関野凖一郎の技法を取り入れた多色摺りを行い、白黒の版画とはまた違った多色摺りの版画の魅力を親子で体験していただくもので、今回は小学生のお子さまと保護者の方のペアで5組の参加がありました。

関野洋作氏の話を聞き、作品を見て触れて構図を考えるお子さまや、事前に考えてきた構図を4版に分けるにはどうしたらいいかなど聞きながら、制作に真剣に取り組んでいる様子がうかがえました!
印象的だったのは、関野洋作氏が参加者の方々と親切丁寧にご指導いただいている姿でした。体験したことのない多色摺りでは、聞きたいことがいっぱい☆
その一つ一つに耳を傾け、一つの作品を作り上げる作業がなんと10時からはじまり、休憩を1時間はさんだものの16時くらいまでかかる長丁場!
参加されたお子さまも保護者の方も一緒になって考えて版木を彫り、長時間の作業に疲れた様子も見せず一心に取り組んでいました。さいごに摺り上がった作品を見た時には笑顔がこぼれていました。

最後まで一人でやりとげたい男の子、まだ小学2年生で細かいところはお母さんに手伝ってもらいながら作業する女の子、一緒に協力しながら作業する姿はとてもほほえましかったです♪
制作作業の終了後には、摺りあがった作品を持ちながら、関野洋作氏と記念撮影される参加者の姿もありました。
また、版画制作の後には、展示室で関野洋作氏と一緒に関野凖一郎作品を鑑賞し、充実したワークショップを体験していただけたのではないでしょうか。
ご参加ありがとうございました。
by 普及スタッフ | 2014年10月9日 10:37 | 関野凖一郎展 | トラックバック (0)

企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展の前売り券発売しています!

次の企画展「生誕100年 昭和の版画師 関野凖一郎」展の前売り券を発売しています!

この展覧会は、故郷青森をはじめ、日本、そして世界各地を巡り、その風景や人物を描いた作品で親しまれている関野凖一郎の多彩な作品の魅力を紹介しながら、版木、スケッチ、創作メモなどの貴重な資料によって、彫りや摺りなどに独自の工夫を凝らした表現技法や創作に込められた想いを解き明かす初の本格的な回顧展です。

前売り券発売期間

8月20日(水) - 10月3日(金)

前売り料金

一般700円
※一般のみの販売です
※関野凖一郎展ご観覧の方は常設展示「青森の版画・日本の版画・世界版画」を割引き料金でご覧いただけます

前売り券発売所

ローソンチケット(Lコード 28511)
チケットぴあ(Pコード 766-376)
ポみっと!チケット

青森市:
サンロード青森、さくら野百貨店青森店、成田本店しんまち店、青森市勤労者互助会、青森県観光物産館「アスパム」1階インフォメーション、県民生協11店舗、県庁生協(県庁舎地下1階)、青森県立美術館ミュージアムショップ、青森県立美術館地下2階総合案内
弘前市:
さくら野百貨店弘前店、紀伊國屋書店弘前店、弘前大学生活協同組合
五所川原市:ELMの街
七戸町:鷹山宇一記念美術館
八戸市:さくら野百貨店八戸店、中合三春屋店、八戸ポータルミュージアムはっち

関野凖一郎展 チラシ完成しました

a
次の企画展のチラシが完成しましたー!
版画家 関野凖一郎の初の本格的回顧展です。
木版画、銅版画、石版画など様々な技法に精通していた関野の多彩な作品の魅力を紹介します。

また、同時期に常設展でも版画特集をします。なんと青森県美所蔵のピカソやマティスといった海外作家もお蔵出しします!ぜひ常設と併せてご覧ください!

詳細は、今後ホームページに掲載していきます。
http://www.aomori-museum.jp/