8月おはなし会「ぬるぬるとあそぶ」を開催しました。

ぬるぬる1 ぬるぬる2 ぬるぬる3
8月のおはなし会「ぬるぬるとあそぶ」を8月23日(土)に開催しました。
夏休み最後の週末は、100名を超えるたくさんの親子のみなさんが遊びに来てくれました。
みんな宿題が忙しくてあまり来なかったらどうしよう・・・というのはいらない心配でした!
今回は、おはなしはワークショップB室内で、美術体験はワークショップB屋外スペースで行いました。

まずは、おはなしの時間です。
恒例のサポートスタッフ北川さんによる手遊びのあとは、
・絵本 月曜日はなにたべる?(読み手:サポートスタッフ阿部さん)
・絵本 みんなででんしゃ(読み手:サポートスタッフ久慈さん)
の2作品を読みました。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今月のテーマは「ぬるぬる」。
みなさんは「ぬるぬる」と聞いて何を思い浮かべますか?
「ぬるぬる」といってもいろいろありますよね。
今回の「ぬるぬる」は美術館にある「ぬるぬる」です。絵の具です!

普段絵を描くときは筆を使って描くことが多いと思いますが、
あまり絵の具そのものの感触を気にしたことはなかったかもしれません。
今回、筆はいっさいありません。みなさんの手が筆です。
絵の具が入った容器にずぼっと手を入れてかき回すと、ぬるぬるしていて冷たくて気持ちいいんです!
絵の具の「ぬるぬる」の感触を楽しみながら、大きな紙に思いっきり自由に描いてもらいました。
まっ白だった紙も、あっという間にみなさんの手によって、たくさんの色が塗り重ねられました。
よくみるとたくさんのかわいい手型足型もあります。
筆で描く絵とはまた違った、ダイナミックなものとなりました。


次回は9月27日(土)、「ぱたぱたとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年8月30日 13:53 | おはなし会 | トラックバック (0)

7月おはなし会「びちょびちょとあそぶ」を開催しました。

おはなし たいけん てぃーしゃつ
7月のおはなし会「びちょびちょとあそぶ」を7月26日(土)に開催しました。
たくさんの親子のみなさん、遊びに来てくれてありがとうございました。
当日は、天気がよく、気温も上がって、夏らしい日でした。
まさに「びちょびちょ」日和でした。
今回はおはなしも美術体験もワークショップB屋外スペースで行いました。

そして今回は特別、青森市立西中学校美術部のみなさんがお手伝いに来てくれました。
みんな自前の白いTシャツを着て準備はばっちりでした。
お手伝いは、サポートスタッフと一緒にグループに分かれ、それぞれ、色水を作ったり、ブルーシートを敷いたり、お客様の案内やアンケートのお願いなど、大活躍でした。
そして、おはなしの時間では絵本も読んでくれました。
本当に助かりましたよ。ありがとうございました!!!

最初は、おはなしの時間です。
恒例のサポートスタッフ北川さんによる手遊びのあとは、
・紙芝居 なにひっぱってるの(読み手:サポートスタッフ棟方さん)
・絵本  きょだいなきょだいな(読み手:西中学校のみなさん)
の2作品を読みました。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
昨年7月に実施して好評だった企画をまたやっちゃいました!
参加者はまず白いTシャツを着て、色水を入れた水鉄砲をもって準備は完了です。
スタッフの合図とともに、白いTシャツめがけて、みんなで色水のかけ合いです。
あっというまに「びちょびちょ」になりました。
暑い日だったのでみんな気持ちよさそうでした。

スタッフの合図で色水のかけ合いが終わったあとは、鑑賞の時間です。
自分のTシャツ、まわりの人のTシャツ、どんな色になっているか見てみました。
色とりどりに染まったTシャツは、ひとつとして同じTシャツはない、世界にひとつだけのオリジナルTシャツになりました!

次回は8月23日(土)、「ぬるぬるとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年8月1日 17:25 | おはなし会 | トラックバック (0)

6月おはなし会「ぐるぐるとあそぶ」を開催しました。

ぐるぐる1 ぐるぐる2 ぐるぐる3
6月のおはなし会「ぐるぐるとあそぶ」を6月28日(土)に開催しました!

今回も100人近くのたくさんの親子のみなさんに集まっていただきました。
ありがとうございました。

まずは、おはなしの時間です。
今回はワークショップBの屋外スペースで行いました。
この日は天気がよくて、開放的な雰囲気の中で、恒例のサポートスタッフ北川さんによる手遊びからスタートしました。
子どもだけでなく、お母さんとお父さん、スタッフもみんなで手遊びを楽しみました。
おはなしは、
・えらいえらい(読み手:サポートスタッフ坂本さん)
・どうぞのいす(読み手:サポートスタッフ柿本さん)
の2作品でした。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今回の会場は、ワークショップBです。
ワークショップBのドアを開けると、お部屋の真ん中にはなんと、たくさんのトイレットペーパーで作ったピラミッド!
その周りには、カラフルな紙テープやスズランテープ、キラキラした銀のテープやひもなど、長~い物をいろいろ用意しました。
今回は、これらをワークショップにある物なんにでも「ぐるぐる」巻いてあそびました。

ワークショップのお部屋にある掃除機や扇風機やほうきやリヤカーまで
どんどんみんなに「ぐるぐる」巻かれていきました。
普段使わない時は、部屋のすみでひっそりとたたずんでいるこれらの道具も、
今日は子どもたちにぐるぐるにされて、あっという間にカラフルで楽しそうな道具に大変身しました。
子どもたちは、ものだけでなく自分の体にもぐるぐるして、とにかく約30分間、思いっきり「ぐるぐる」巻いてあそびました

参加者の皆さんが帰った後のお部屋を、サポートスタッフの皆さんと一緒に、
「あ、こんなところをぐるぐるしている!」「このぐるぐるきれい~」なんてお話ししながら楽しく片付けました。

次回は7月26日(土)、「びちょびちょとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年7月5日 16:58 | おはなし会 | トラックバック (0)

5月おはなし会「びりびりとあそぶ」を開催しました。

びりび びりびり2 びりびり3
今年度最初のおはなし会「びりびりとあそぶ」を5月24日(土)に開催しました!
2月の「ゆきとあそぶ」以来、久しぶりのおはなし会です。

今回は100人を超えるたくさんの親子に集まっていただきました。
ありがとうございました。

まずは、恒例のサポーター北川さんによる手遊びからスタートです。
会場がとてもなごやかな雰囲気になりました。
おはなしは、
・もりもりくまさん(読み手:サポートスタッフ阿部(治)さん)
・いっしょにあそぼ!(読み手:サポートスタッフ阿部(資)さん)
・にんじんとごぼうとだいこん(読み手:サポートスタッフ坂本さん)
の3作品でした。
子どもたちが、絵本の中のどうぶつたちに元気に呼びかけている姿が印象的でした。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今回の会場は、コミュニティギャラリーB(真ん中のお部屋)です。
入った瞬間、壁も床も天井もまっ白ないつものコミュニティギャラリーですが・・・
白い床は、よく見ると、白い紙を一面にはっています。
スタッフからの合図とともに子どもたちにお部屋に入ってもらい、床のまっ白な紙を思いっきりびりびりしてもらいました。
すると、なんということでしょう、まっしろな紙をびりびりした下からは色とりどりの紙の床が出現!
あっという間に白一色だった空間に色が次から次へとあふれ出してきました。

「びりびり」の感触を楽しんだあとは、子どもたちは形、色などそれぞれに楽しみました。
・びりびりしたあとの色の海で泳ぐひと
・びりびりした紙でドレスをつくってお姫様になるひと
・ラーメン、お花、リボン、にんじんなどいろんなものをつくるひと
・紙でつくったお魚をはって、まるで水族館のような壁にする人
子どもたちが、いろいろな楽しみ方をしている姿にびっくりです。(子どもってすごいなぁ~)

今回のおはなし会の準備では、またまた「草刈隊」の方々にお手伝いしてもらいました。
「草刈隊」は県立美術館や三内丸山遺跡周辺の草刈りなど環境整備をしてくれているボランティアスタッフです。
おはなし会はじめ、様々なワークショップの準備でお手伝いしていただいています。
スタッフだけではとうてい実現できないような企画ができるのも、こういったボランティアスタッフの力があってこそです。
草刈隊の皆様、当日運営をお手伝いしてくれたサポートスタッフの皆様
あらためて感謝申し上げます!!!

次回は6月28日(土)、「ぐるぐるとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年5月31日 16:59 | おはなし会 | トラックバック (0)

2月おはなし会「ゆきとあそぶ」を開催しました。

ゆき1 ゆき2 ゆき3
2月22日(土)に今年度最後のおはなし会「ゆきとあそぶ」を開催しました。
(ブログへの掲載が遅くなってしまって、皆様ごめんなさい!)

今回のおはなし会の創作タイムは屋外ということで、スタッフは毎日天気予報と空を見ながら、天気が荒れたらどうしよう・・・とドキドキしていました。
そんな心配をよそに、当日は青空がきれいな快晴となりました。
今回もたくさんの親子が集まってくれました。

今回も、恒例のサポーター北川さんによる手遊びからスタートです。
みんなが笑顔になり、リラックスしたところで、おはなしです。
・せんろはつづく(読み手:青森明の星高校1年生)
・きょうりゅうのおおきさ(読み手:サポートスタッフ久慈さん)
の2作品でした。
今回の読み聞かせは、いつもお手伝いに来てくれている青森明の星高校の生徒さんが挑戦しました。
直前まで一生懸命練習し、本番が始まると笑顔でこどもたちに絵本を読んでくれました。
ありがとうございました!

おはなしのあとは、創作タイムです。
今回は、ワークショップBから屋外の創作ヤードへ飛び出しました。
冬場は八角堂が閉鎖していて、ほとんど人が足を踏み入れない静かな場所です。
そういうわけで、創作ヤード一面はまっしろな雪、雪、雪!足跡ひとつありません。
天気が良かったので、雪の表面がキラキラ輝いていてとってもきれいです。
たくさんの雪には慣れている子どもたちも、足跡ひとつないまっさらな雪に感激です。

今回は自分でそりや遊ぶものを持ってきてもOK。
美術館では、水鉄砲と色水を用意しました。
(水てっぽうは7月の「びしょびしょであそぶ」の時に使ったものです)
雪の中を走ったり歩いたり自分の通り道をつけていくひと
雪玉をころがして特大の雪だるまをつくるひと
色水をかけて自分の好きな色の雪だるまにするひと
雪にいろんな色水をかけて、カラフルな色の組み合わせを楽しんでいるひと
スタッフ(にゃんちゅ~)をうめて遊んじゃうひと
子どもをそりに乗せて一生懸命引っぱるおとうさん

みんな、まっしろな雪の中で思う存分楽しんでいました。
スタッフの「あと3分!」の声に、まだまだ遊びたいよ~といった感じの子どもたちでした。

今回は外での活動なので、寒くないようにとスタッフも厚着してきましたが、
一緒に夢中になって遊ぶうちに最後は汗だくでした!

今年度のおはなし会は4月に始まり全10回行いました。
この1年間、たくさん遊びに来てくれてありがとうございました!
4月からの予定は、今後ホームページなどでお知らせしますので、お楽しみに!
by 普及スタッフ | 2014年3月1日 16:14 | おはなし会 | トラックバック (0)

1月おはなし会「もじとあそぶ」を開催しました!

もじ1 もじ2 もじ3
新年があけて、はやくも1ヶ月がたとうとしていますね。
徒歩で出勤している僕(にゃんちゅ〜)は、氷がちょっととけたズルズルの路面で何度も転びながら美術館に到着しています。。。
車で美術館へおいでの方も、ゆっくり安全運転でいらっしゃってくださいね!

さて、今年度も残すところわずかとなったおはなし会。
1月の「もじとあそぶ」を開催いたしました!
足下の悪い中、県内各地からたくさんの親子に集まっていただきました。ありがとうございます!

今回も、恒例のサポーター北川さんによる手遊びからスタート!
これで、いつもみんな、どんどん笑顔になっていくんです。
おはなしは、
・そんなのいらない(読み手:サポートスタッフ棟方さん)
・あいうえおの本(読み手:サポートスタッフ岡田さん)
の2作品でした。
みんなが絵本の中にどんどんのめり込んでいる表情が印象的でした。

おはなしのあとは、創作タイムです。
今回はまっしろなコミュニティギャラリーに、いろんな色の「もじ」のシールを思う存分貼っていきました!
床、壁、どこでも自由に貼り放題!
漢字や言葉の意味から連想するイメージを作っていくひと、もじの「部分」を使っていろんな形にしていくひと、あたらしいもじを作るひと。色とりどりのいろんな作品ができました。
今回はいつもよりも多めに創作タイムをとったのですが、それでもみんな大熱中!!
部屋だけでは飽き足らず、自分の体やお父さんお母さんの顔にもじを貼るひともいました笑。
時間内に貼れなかった、あまった「もじシール」はみんなのおみやげになり、完売御礼。
きっと昨夜あたりは、県内各地のお宅の壁にたくさんの文字が出現した事でしょう。
今回もからだいっぱい遊びました!

さて、今年度のおはなし会は来月22日の「ゆきとあそぶ」で最後となりました。
みなさんが遊びに来てくれるのをスタッフ一同お待ちしています!
by 普及スタッフ | 2014年1月26日 13:11 | おはなし会 | トラックバック (0)

民家展写真ワークショップ、明日までです!

みんか1 みんか2 みんか3
青森らしい吹雪な本日も、たくさん写真をとりに来てくれました。

画像は、神奈川県は藤沢からおいでになった、素敵な仲良しご夫婦。
じ〜っくり時間をかけて、たくさん写真をとっていかれました。
結局、お二人が採用した写真は、美術館の建物を抱きしめるような?アングルのネオンサインと、
えっ!木が猫に?!という写真。
はっとさせられたり、くすっとしたり、とてもおもしろい作品ができあがりました。

現在、150点ほどの作品が、ワークショップ前の廊下に展示されています。
下は2歳、上は70代。北は北海道、南は兵庫大阪といった関西からも!
本当にいろんな方々が、今回のおはなし会に参加してくださいました。
(一昨日は、三重からバックパッカーのイケメンが参加してくださいました。予定は未定な青森旅とのこと、無事青森旅行は楽しめたかな〜?)

そんな様々な視点で切り取られた青森県美の写真ワークショップの展示も、会期はなんと明日まで!!
まだ見てない人はもちろん。
最初の方に一度見た方も、展示はかなり状況がかわっています。
写真ワークショップも最終日まで参加可能です。
ぜひぜひお誘い合わせの上、お見逃しの無いようにおいでください!!!





【写真作品の返却について】
展示された写真作品を、ご返却いたします。
1/20〜2/20の返却期間内に、美術館までおいでください。
by 普及スタッフ | 2014年1月12日 17:10 | おはなし会 | トラックバック (0)

民家展写真ワークショップ、展示始まりました!

てんじ1 てんじ2 てんじ3
12月の特別版おはなし会、ミンナ DE ミンカ写真ワークショップの展示が始まっています!

もちろん入場無料。
お客様からも「おもしろい!!」と好評をいただいています。

写真もまだとれます。
ワークショップ参加者の、展覧会特別割引きもケイゾクチュウ。

青森県美の地下1階へ急げ!!
by 普及スタッフ | 2014年1月7日 11:50 | おはなし会 | トラックバック (0)

民家展関連 ワークショップ開催中です!

案内のれん 参考作品 会場風景
本日は県立美術館今年最後の開館日です。
今年もたくさんのご来館ありがとうございました!

ところで、現在、県立美術館では企画展「日本の民家一九五五年」展が開催されていますが、地下1Fワークショップ前廊下に「もうひとつの民家展(?)」があるのをご存知ですか?
それは何かというと・・・民家展関連ワークショップ おはなし会ロング「ミンナDEミンカ」です!
毎月(12月と3月を除く)開催しているキッズルームおはなし会の特別版で、なんと期間は12月21日から1月13日までのロングランです!

ワークショップの内容はというと、民家展にちなみ、写真のワークショップです!
参加者はカメラを持って美術館をぼうけんしながら写真を撮ります。(美術館でデジカメをお貸しします)そして、たくさん撮った写真の中からお気に入りの1枚を決めていただき、その写真はワークショップ前廊下に展示されます!
展示の様子は民家展の展示方法を取り入れた素敵な空間になっています。(上の右の写真です。)

21日から開催しているこのワークショップは子どもから大人まで、皆さんが楽しめる内容になっています。
この前は3歳のちびっ子も参加してくれましたよ!
自分専用のデジカメを渡されてご機嫌で出かけていき、美術館をぼうけんしながらたくさんのおもしろい写真を撮ってきてくれました。
おとなの方からも、何気なく参加してみたら夢中になっちゃった!おもしろい!と大好評です。
スタッフも、美術館にこんなところがあったんだ!と日々驚きと感動をみなさまからもらっています。

ワークショップに参加したあと民家展を見ると、さらに楽しめる内容になっていますので、ぜひ展覧会とワークショップをセットでお楽しみください♪
(ワークショップ参加者は民家展を団体割引料金で観覧できるという特典もあります!)

年明けは、ワークショップも元旦からやっています。
このワークショップで写真が撮れるのは1月5日までです。
みなさん、お正月休みにぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしています!
(6~13日は展示のみの期間となっています。)
by 普及スタッフ | 2013年12月28日 14:06 | おはなし会 | トラックバック (0)

10月おはなし会「ぴかぴかとあそぶ」を開催いたしました!

星人 ぴかぴか山 ぴかぴか船
10月26日(土)、10月のおはなし会を開催いたしました。
台風27号、28号のダブルパンチがぶつかるかな〜と心配していましたが、蓋を開いてみると、雨も特に降らず、137名の子どもや大人のみなさんが参加してくださいました!
雨の中おはなし会にきて、風邪引いちゃった!なんてことがあるといけないので、とりあえずは一安心でした。

ところで今回は、「ぴかぴかとあそぶ」ということで、おはなしの前に特別ゲストがきてくれました。
明の星高校星雲にあるぴかぴか星から、ぴかぴか戦隊の登場です!(写真左)
ぴっちぴちのJKであるぴかぴか戦隊、美術館スタッフの突然の無茶ぶりにも、楽しんでこたえてくれました。

さて、今回のおはなしは
・いもほりバス(読み手:サポーター佐藤さん)
・あかまるちゃんとくろまるちゃん(読み手:サポーター坂本さん)
・いつもいっしょに(読み手:サポーター阿部さん)
でした。
本の内容も少し秋めいてきました。
サポーターさんの後についていっしょに声を出して読んで楽しんでみたり、じ〜っと読む人の顔を見つめていたり。
いろんな顔がありましたね。

後半の創作タイムは、ワークショップAとB、それに廊下など、ワークショップやキッズルームのあるフロア全体を使って遊びました。
前回も少しだけ登場したゴミ袋プール(前回は400個でしたが、なんと今回は2400個使用!)や、でっかい半透明なぴかぴかの山、ぴかぴかの船など、いろんな巨大な仕掛けのある部屋に、これまたいろいろなぴかぴか(ライトとか映像とか…)が照らされています。
光が重なったり、動いたり。色が変化したり、形が変化したり。
カラーセロファンを貼ったりしながら、いろんな事を試してあそびました。
おとなも子どもも、みんな一生懸命になっているのがとても印象的でした。


今回(に限らずいつもですが)、この1時間の企画のために、美術館サポーターさんをはじめ、いつも美術館の周りの芝を管理してくれる草刈隊のみなさまや、近野のコーラス隊のみなさまなど、たくさんのボランティアの大人のみなさまが数日間にも渡り尽力してくださいました。
実はこのおはなし会の企画は、いつもこのような皆様のあたたかいご協力なくしては成り立ちません。
月に1時間という短いプログラムですが、でも、参加してくれる子ども達の1時間の体験の可能性を最大限に引き出すために、とても多くの人々が関わってくださっています。
ご参加くださる皆様はもちろんのこと、このような力を貸してくださる人のつながりも大切にしていきたいなあ、と想いを新たにするスタッフなのでした。

次回は11月23日(土)、「かげとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
ちなみに12月は通常のおはなし会はお休みさせていただきますので(特別版おはなし会はあるかも?!検討中)、11月のうちにぜひ!お誘い合わせの上ご参加ください。
by 普及スタッフ | 2013年10月29日 14:38 | おはなし会 | トラックバック (0)