8月おはなし会「化け物展Ver.」を開催しました

bake1 bake2 bake3
キッズルームおはなし会「化け物展Ver.」を8月22日(土)に開催しました。
今回は現在開催中の企画展「化け物展」とコラボレーションした内容です。
当日はおはなしフェスタ2015の開催日ということもあり、100人以上の親子が遊びに来てくれました。どうもありがとうございます!

最初にサポートスタッフの北川さんによるおばけの手あそびをしたあと、読み聞かせを行いました。
今月の絵本は…
・「おばけがぞろぞろ」ささき まき作(読み手:サポートスタッフ柳田さん)
ビンやゴミ箱など身の回りの色々な場所から、変わった形のおばけが登場します。おばけの名前もとてもユニークで面白い絵本です。
この絵本の原画は現在展示室で展示もしているので、興味のある方はぜひ観てみてくださいね。

そのあとは、「どっちの化け物が好き?ゲーム」をしました。
スクリーンを使って、欧州の祭りに登場する伝統的な獣人の衣装を着た人々の写真を投影し、二つずつ見比べながらどっちが好きが答えてもらいました。
使用した写真は、シャルル・フレジェというフランスの写真家が撮影したもので、こちらも化け物展で展示を行っています。

さて、いろいろな化け物を見たあとは美術体験の時間です。
今回は用意したさまざまな素材を自由に使って、一人ひとり好きな化け物に“化けて”もらいました。
用意したのは、白いTシャツやビニール袋、紙テープ、色画用紙、わた、木の枝、手袋などなど。
お母さんやお父さんにも手伝ってもらいながら、思い思いに衣装やパーツを作っていきます。
新聞紙で作った角、布のマント、トイレットペーパーの包帯…さあ、ばけますよ、ばけますよ。

しばらくすると、妖精や魔法使い、ゾンビ、怪獣、その他たくさんのオリジナル化け物たちが誕生しました。
化け物に変身したあとは、列になってみんなで館内を練り歩きます。
たくさんの化け物がぞろぞろと歩く様子は百鬼夜行さながら!怪しい集団に来館者の方の目も釘付けでした。

毎月1回開催してきたキッズルームおはなし会も、今年度はこれですべての日程が終了しました。
全4回の参加者は合計で約300人! なかには毎月参加してくれた方もいました。どうもありがとうございます。
はじめは戸惑いつつ制作をしていた子も、回を重ねるごとに積極的になり、自分から素材を取りにいったり、いろんな工夫を考えたりと、だんだんと創作の幅が広がっていく様子を見て、子どもの吸収力や柔軟性は本当にすごいと感じていました。
おはなし会は、そうした子どもたちのしなやかな感性や想像力・創造力を育む場になればいいなと思っています。
施設工事による長期休館にともない、おはなし会もしばらくお休みになりますが、また元気な皆さんにお会いできるのを楽しみにしています^^ それではまた!
by 普及スタッフ | 2015年8月29日 16:39 | おはなし会 | トラックバック (0)

7月おはなし会「テンとあそぶ」を開催しました

ten1 ten2 ten3
キッズルームおはなし会「テンとあそぶ」を7月25日(土)に開催しました。
今回は約50名の親子が遊びに来てくれました。どうもありがとうございます!

最初にサポートスタッフの北川さんと西中学校美術部の皆さんによる手あそびをしたあと、読み聞かせを行いました。
今月選んだのはこの2冊。
・「あかまるちゃんとくろまるちゃん」上野与志作(読み手:サポートスタッフ坂本さん)
・「つきよのくじら」戸田和代作(読み手:サポートスタッフ澤田さん)
「つきよのくじら」では、今回初めて小道具を使ったお芝居風の読み聞かせに挑戦しました。
サポートスタッフの方々の熱演、いかがだったでしょうか?

おはなしの後は美術体験の時間です。
テーマは「テンとあそぶ」。
今回は真っ白な広い展示室が会場です。
用意したのは、カッティングシートで作ったさまざまなサイズの丸い形のシール。
それを、床に敷いた白い紙の上に、赤→青→黄色→緑の順に自由に貼り付けていきました。
シールを好きなだけ貼れるとあって、子どもたちの目はキラキラ!
テンを重ねていくことで、目玉や顔の形になったり、動物のように見えたり、なかにはテンだけで作られたとは思えない意外なかたちも生まれました。

シールを貼り終わると、白い空間はカラフルなテンで埋め尽くされていました。
最後にみんなで地面に寝そべって記念撮影をして、今月のおはなし会は終わり。

おはなし会では、今後もこうした美術館ならではのダイナミックな体験ができる企画を取り入れていきたいなと思っています。
次回のおはなし会は8月22日(土)、9月から長期休館に入るため、これが今年度最後のおはなし会です。
テーマは「化け物展 Ver.」! 現在開催中の企画展とコラボした内容になります。
詳細は決まり次第こちらにアップしますね。ご参加お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2015年8月4日 18:32 | おはなし会 | トラックバック (0)

6月おはなし会「モヨウとあそぶ」を開催しました

moyou1 moyou2 moyou3
キッズルームおはなし会「モヨウとあそぶ」を6月27日(土)に開催しました。
あいにくの雨模様にも関わらず、約70名の親子の皆さんが遊びに来てくれました。どうもありがとうございます。

今回は始めに、サポートスタッフの北川さんと三内中学校美術部の皆さんがお弁当箱の手あそびをしてくれました。
みんなでいろいろなサイズのお弁当を作ったあとは、おはなしの時間です。
今月は久しぶりに大型絵本を使って読み聞かせをしました。選んだのはこの2冊。
・「おべんとくん」真木文絵作(読み手:サポートスタッフ澤田さん)
・「ぼくのくれよん」長新太作(読み手:サポートスタッフ北川さん)

おはなしの後は美術体験の時間です。
テーマは「モヨウとあそぶ」ということで、身の回りにある素材を使って布にモヨウをつけてみました。
まず紙の筒(サランラップなどの芯)に輪ゴムをはめ、そこに紐やスポンジ、綿棒、消しゴムなど好きな素材をはさみます。
付けた素材に絵の具を塗って、布の上でコロコロ転がすと、かたちが等間隔にスタンプされてモヨウができます。(ローラースタンプのような感じです!)
なかには、丸く巻いた紐の縄目が花びらのように見えたり、スポンジの凹凸部分が水玉模様のようになったりと、思いがけないモヨウも生まれます。

素材をはさむ位置や絵の具の配色を変えて何度か試したあと、約50cm四方にカットされた好きな色の布を選び、その上にモヨウを付けて自分だけのオリジナル生地を作りました。

今回使用した絵の具は、ぺんてるの「共同制作えのぐ」という安全性の高い絵の具です。
ぺんてる株式会社の協賛により提供していただきました。どうもありがとうございます!

出来た生地とローラースタンプは参加者の皆さんに持ち帰ってもらい、今月のおはなし会は終了。
帰り際、自分の作品が入ったバッグを背中に背負った子どもたちの、誇らしげな表情が印象的でした。

おはなし会の美術体験では、決められた物を見本通りに作るのではなく、子どもたちが自分で考えて創意工夫しながら創作を行うことを大事にしています。
今回も3歳くらいの子から小学校低学年くらいの子まで、それぞれの年齢に応じて色んな工夫をしてくれていました。

大人が思い付かなかったアイデアや豊かな創造力でスタッフを驚かせてくれる子どもたち。
次回のおはなし会は7月25日(土)、テーマは「テンとあそぶ」です。
今度はどんなものが出来るのか、私たちも楽しみです。詳細は決まり次第こちらにアップしますね。
by 普及スタッフ | 2015年7月5日 18:04 | おはなし会 | トラックバック (0)

5月おはなし会「ヒカリとあそぶ」を開催しました

hikari1 hikari2 hikari3
今年度最初のおはなし会「ヒカリとあそぶ」を5月23日(土)に開催しました。
今回は約50名の親子の皆さんが遊びに来てくれました。どうもありがとうございます。
昨年度何度も参加してくれた子たちに久しぶりに会えて、我々美術館スタッフも嬉しかったです。

おはなし会では毎月、絵本の読み聞かせと、その月のテーマに沿った美術体験を行っています。
まず最初はおはなしの時間。
サポートスタッフの北川さんによる手あそびのあとに、スクリーンを使って絵本を読みました。
今回選んだのはこの2冊。
・「光の旅 かげの旅」アン・ジョナス作(読み手:サポートスタッフ阿部さん)
最後まで読んだあとに本をひっくり返すと、今度は後ろから表紙に向かって読むことのできる面白い絵本です。
・「こぶたたんぽぽぽけっととんぼ」馬場のぼる作(読み手:サポートスタッフ棟方さん)
こちらはおはなしの文章がすべてしりとりになっている楽しい絵本。みんなと交互にしりとりをしながら読みました。
この絵本の作者である馬場のぼるさん(三戸町生まれ)は「11ぴきのねこ」シリーズで有名な絵本作家ですが、ちょうど現在常設展示室で絵本原画の展示をしています。よかったら観に来てくださいね。

おはなしの後は美術体験の時間です。
今回は4色のカラーセロハンを使って、大きなヒカリの絵を作りました。
用意したのは、赤・青・緑・黄色のセロハンと、細長い透明のビニールシート。
まずはセロハンを好きな形にちぎってビニールシートに貼り付けていきます。
作っている途中で、青色と黄色のセロハンを重ねて「みどりになった!」と教えてくれた兄弟がいました。色のふしぎを発見してなにやら嬉しそうな様子。

しばらくして、ビニールシートがセロハンで埋まってきたら、部屋を暗くしライトを当ててみます。
すると・・・
ワークショップルームの白い壁一面に、色とりどりのヒカリが映しだされました。
ライトの位置を動かすと、壁に映るヒカリが大きくなったり小さくなったり、くっきりしたりぼやけたりします。
そんな変化するヒカリの様子を楽しんだあとは、カラフルなヒカリのなかで思い思いに遊びました。

そして今回は、三内中学校美術部の皆さんも5名お手伝いに来てくれました。
小さな子どもたちとお母さん・お父さん、中学生のお姉さん、お母さん世代より年上のサポートスタッフの皆さま。
様々な世代の人が美術を通して楽しく活動する、そんなところもいいなーなんて思っています。

次回のおはなし会は6月27日(土)、テーマは「モヨウとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップしますね。お楽しみに!
by 普及スタッフ | 2015年5月26日 20:31 | おはなし会 | トラックバック (0)

2月おはなし会「ゆきとあそぶ」を開催しました。

ゆき1 ゆき2 ゆき3
今年度最後のおはなし会「ゆきとあそぶ」を2月28日(土)に開催しました。
前日は悪天候だったので、大丈夫かなぁ・・・と心配していましたが、
おはなし会当日は青空のきれいないい天気になりました!

まずはおはなしの時間です。
恒例のサポートスタッフ北川さんによる手あそびの後に絵本を読みました。
・絵本「ぼくのいろなあに」(読み手:サポートスタッフ三上さん)
・絵本「いろいろへんないろのはじまり」(読み手:サポートスタッフ柳田さん)
2冊の絵本ではたくさんの「いろ」が出てきました。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今回は屋外での活動です。
八角堂周辺の創作ヤードで、「ゆき」と「いろ」とであそびました。
冬期間閉鎖されている場所なので、雪には足跡ひとつありません。
美術館で用意したものは
 ・色水の入ったペットボトル(赤・青・緑・黄・オレンジ・紫)
 ・ボウル、はけ、スポンジローラー、シャベル、パレット
これらを使って、まっ白できれいな雪に、自由に色を付けたり形を作ったりしてあそびました。

色水で雪に絵を描いたり、色とりどりに染まった雪玉をつくったり、雪の上でいろいろな色を混ぜて遊んだり、みんなそれぞれ自由にあそんでいました。
おかあさんも夢中になって子どもと一緒に楽しんでいる姿が、とてもほほえましかったです。
大人になっても雪遊びは楽しいものです!

今回の色水は、ぺんてるの「レボカラー」を使いました。
なんと、ぺんてる株式会社の協賛により提供してもらったものです。
ぺんてるさん、ありがとうございました!!!

今年度のおはなし会は5月に始まり全10回行いました。
この1年間、たくさん遊びに来てくれてありがとうございました!
来年度は5月からの開催予定です。
施設整備工事のため平成27年9月14日から平成28年3月中旬まで、県立美術館は長期休館いたしますので、おはなし会も5月~8月の4回だけの開催を予定しています。
少ない回数ですが、ご参加をお待ちしています。
詳細は今後ホームページなどでお知らせしますので、お楽しみに!
by 普及スタッフ | 2015年3月2日 12:59 | おはなし会 | トラックバック (0)

1月おはなし会「あかるいくらいとあそぶ」を開催しました。

あかるいくらい1 あかるいくらい2 あかるいくらい3
1月のおはなし会「あかるいくらいとあそぶ」を1月24日(土)に開催しました。
「くらい」場所で「あかるい」光を使うと「かげ」をつくることができます。
今回はおはなしも美術体験も「かげ」をテーマに行いました。

まずはおはなしの時間です。
恒例のサポートスタッフ北川さんによる手あそびの後に絵本を読みました。
・絵本 かげのひこうき(読み手:サポートスタッフ佐藤さん)
・絵本 かげえどうぶつえん 
「かげえどうぶつえん」ではいろいろな動物の影を見て、何の動物かあてるクイズを行いました。ちょっとむずかしいものもあったけれど、みんな大きな声で動物の名前を答えてくれました!

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今月はワークショップ前廊下の白い壁に、いろいろな「かげ」をつくってあそびました。

はじめは、真っ白な壁に光だけをあてて、自分のかげを映してあそびました。
光に近付いたり遠ざかったりすると自分のかげも大きくなったり小さくなったり。
かげの世界では、おかあさん、おとうさんより大きくなれます!
つぎに、壁にいろいろなかげの背景を映して、その中の世界であそびました。
・シャボン玉のかげの背景
みんなのかげがシャボン玉の中に入ったり、かげでシャボン玉をつかまえたりしてあそびました。
・動物のかげの背景
口を開けたり閉じたりするワニに、かげの手が噛まれないようにあそんだりしました。他にもペンギンやぞうなど、いろいろなかげの動物とあそびました。
・おりのかげの背景
自分が動物になっておりに入ってみました。途中で壊れたおりから逃げ出しました。
・街並みのかげの背景
かげの世界では山やビルよりも子どもたちの方が巨大です。山を大きなかげの足でふんでみたり、ビルを手でつまんでみたり、大きなウルトラマンのようでした。

かげ遊びは、私たちスタッフも夢中になって子どもたちと一緒に遊びました。
そして、今回も三内中学校美術部のみなさんがお手伝いに来てくれました。いつもありがとうございます!

次回は2月28日(土)、「ゆきとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
今年度最後の開催となりますので、みなさん遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2015年1月28日 09:12 | おはなし会 | トラックバック (0)

12月おはなし会「クリスマス特別版」を開催しました。

クリスマス1 クリスマス2 クリスマス3
12月のおはなし会「クリスマス特別版」を12月20日(土)に開催しました。
今回は「クリスマス特別版」ということで、いつものおはなし会とは違った、スペシャルな内容!

まずはオリジナルの楽器をつくりました。
最初は、楽器の本体選びです。
ガラスビン、ペットボトル、プラスチックカップなどの中から1人ひとつずつ好きなものを選びました。
次は中に入れる素材選びです。
子どもたちは、いろいろな素材を入れて、どんな音がするか確かめながら、お気に入りの音がする素材を選びました。
最後は楽器の飾り付けです。
お気に入りの音がする楽器ができた子どもたちは、キラキラテープやシールなどで、思い思いに素敵な飾り付けをしていました。

楽器が完成したらワークショップAへ大移動です。
ワークショップAのお部屋の扉を開けると、そこはスペシャルな空間です。
いつものワークショップとは違うクリスマス一色といった感じのお部屋です。
今回は、なんと、生演奏を聴きながら、自分がつくった楽器で一緒に演奏もできるというスペシャルなプログラムを用意しました。
演奏をしてくださったのは
☆サックス    葛西愛子さん
☆トロンボーン  葛西悟さん
☆ピアノ     工藤絵美さん
☆パーカッション 渋川貴之さん
☆ピアノ     葛西恒輔さん
でした。ピアノの葛西恒輔さんはなんと小学校5年生!大人顔負けの演奏にびっくりです。
素敵な演奏の時間はあっという間でした。
アンコールまでしていただきましたが、もっともっと聞いていたかったです。
素敵な演奏を聴かせてくださった皆様、本当にありがとうございました!

次回は1月24日(土)、「あかるいくらいとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年12月27日 08:45 | おはなし会 | トラックバック (0)

11月おはなし会「ふわふわとあそぶ」を開催しました。

ふわふわ1 ふわふわ2 ふわふわ3
11月のおはなし会「ふわふわとあそぶ」を11月22日(土)に開催しました。
今回は約100名のたくさんの親子のみなさんが遊びに来てくれました。
今回は、おはなしはワークショップAで、美術体験はワークショップAとBで行いました。

まずは、おはなしの時間です。
 ・絵本 ライオンのおふろ(読み手:サポートスタッフ佐藤さん)
   寒くなってきたので、読むと温かくなるようなぽかぽかおふろのおはなしをえらんでみました。
 ・紙芝居 ふうせんふわふわ(読み手:サポートスタッフ棟方さん)
   今月のテーマ「ふわふわとあそぶ」にぴったりなふうせんのおはなしでした。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今月のテーマは「ふわふわ」。
まずはワークショップAで「ふわふわ」を作ってから、自分が作った「ふわふわ」を持って、ワークショップBに移動して、「ふわふわ」の空間で遊びました。

ワークショップAでは、まず、ひとりひとつ、自分の好きな色の風船をえらびました。
そして、その風船に両面テープを貼って、用意しておいた「ふわふわ」の素材をくっつけて、「ふわふわ」風船を作りました。
用意しておいた素材は、いろいろな種類・色の毛糸を細かく切ったもの、わた、紙(実はトイレットペーパー)を細かくちぎったものと、身近にある「ふわふわ」な素材を用意しました。
みんなのつるんとした風船は、どんどん「ふわふわ」な風船に変わっていきました。

「ふわふわ」が完成したら、それを持ってワークショップBに移動です。
ワークショップBにはビニールでできた大きいテントを用意しました。
扇風機で空気を送って、ふわふわにふくらんでいます。
(昨年度のおはなし会でも何度か登場した、あの大きなテントです!)
テントの中では、自分で作った「ふわふわ」を持って「ふわふわ」の感触や空間を楽しみながら遊びました。

今回も、西中学校と三内中学校のみなさんがお手伝いに来てくれました。
いつもありがとうございます!

次回は12月20日(土)、クリスマス特別版です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年11月24日 15:29 | おはなし会 | トラックバック (0)

10月おはなし会「ぼろぼろとあそぶ」を開催しました。

ぼろぼろ1 ぼろぼろ2 ぼろぼろ3
10月のおはなし会「ぼろぼろとあそぶ」を10月25日(土)に開催しました。
今回も約70名の親子のみなさんが遊びに来てくれました。
いつもありがとうございます!
今回は、おはなしはワークショップAで、美術体験はワークショップBで行いました。

まずは、おはなしの時間です。
 ・絵本 ねずみのいもほり(読み手:サポートスタッフ北川さん)
を1冊読んだあとに、恒例のサポートスタッフ北川さんによる手遊びをしました。
手遊びも「おいも」をやって、子どもたちはとても楽しそうでした。
2冊目は ・絵本 はらぺこあおむし(読み手:サポートスタッフ岡田さん)
この絵本は読んだことがある子が多かったかもしれませんが、
お家とはちがう大型の絵本だったので、子どもたちには新鮮だったかな。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今月のテーマは「ぼろぼろ」。
いろいろな色の丸い画用紙に、いろいろな素材をぼろぼろ落として遊びました。
紙ごとに素材は決めましたが、ほかは自由です。
紙にボンドをぬって、その上からそれぞれの素材をぼろぼろ落としていきます。
途中で紙を持って素材を落とすと、ボンドがついていなかった部分が落ちて、いろいろな形が現れてきます。
今回用意した素材は、カラフルな石、ビーズ、はぎれ、毛糸、ストロー、アルミホイル、綿棒、輪ゴム、透明カップなど身近にあるものをたくさん用意しました。
それぞれの素材ごとに、おもしろい作品ができました。
(全部の写真を載せることができなくて残念。)

今回も、青森南高校と三内中学校のみなさんがお手伝いに来てくれました。
いつもありがとうございます!

次回は11月22日(土)、「ふわふわとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年11月3日 13:02 | おはなし会 | トラックバック (0)

9月おはなし会「ぱたぱたとあそぶ」を開催しました

ぱたぱた1 ぱたぱた2 ぱたぱた3
9月のおはなし会「ぱたぱたとあそぶ」を9月27日(土)に開催しました。
今回は約70名の親子のみなさんが遊びに来てくれました。
今回は、おはなしはワークショップB屋外スペースで、美術体験はワークショップBで行いました。
(だいぶ涼しくなってきたので、屋外でのおはなしは今回が最後かな・・・)

まずは、おはなしの時間です。
恒例のサポートスタッフ北川さんによる手遊びのあとは、
・紙芝居 おにがしまのとらがり(読み手:サポートスタッフ棟方さん)
・絵本 とべバッタ(読み手:サポートスタッフ柿本さん)
の2作品を読みました。
みんなじっくり聞いてくれていました。

おはなしのあとは、美術体験の時間です。
今月のテーマは「ぱたぱた」。
みんなで「ぱたぱた」するいきものに変身しました。
ワークショップには、不織布、カラーセロファン、すずらんテープ、紙テープなどたくさんの材料を用意し、それらを自由に使って変身してもらいました。
今回の材料の中には、5月のおはなし会「びりびりとあそぶ」でみんなにびりびりしてもらった紙もあったんですよ。(いつか使おうと思ってとっておきました!)

羽のようなものや飾りなどをたくさんつけて、思い思いに変身した後は、
美術館前に広がる芝で、ぱたぱたする生きものになって思いっきりあそびました。
天気もよくてとっても気持ちよくあそべました。
こどもたちが楽しそうに生き生きとしている姿がとても印象的でした。

今回は、青森南高校と三内中学校のみなさんがお手伝いに来てくれました。
ありがとうございました。
参加者の子どもたちは、お姉ちゃんお兄ちゃんと遊べてとても楽しそうでした。
また遊びに来てくださいね!

次回は10月25日(土)、「ぼろぼろとあそぶ」です。
詳細は決まり次第こちらにアップいたします。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
by 普及スタッフ | 2014年10月3日 08:45 | おはなし会 | トラックバック (0)