スタッフ日誌。
毎月1日はインフォメーションスタッフから、美術館の近況やおすすめなどをお伝えします。

**********************

スタッフ日誌<19>

5月。
緑が芽吹き、木々が青々と茂る季節です。

青森県立美術館のシンボルマークは「木」と青森の「a」をモチーフにしたものです。
これは、美術館の一つ一つの活動の積み重ねを一本の木に植えていく作業になぞらえ、木が林に、林が森へと成長していくように、芸術文化の森へとなるようにという願いがこめられています。

一つ一つの活動は、全てお客様があってこそ伸びていくことができます。
芸術はわからない、興味がない、という方でも、この建物の、半分が地下に埋められた珍しい造りを見るだけでも楽しんでいただけると思います。

ミュージアムショップ、カフェレストラン、図書室、キッズルーム、そして奈良美智の八角堂など、チケットがなくても自由に入れるエリアもありますし、毎月、無料の映画上映会も開催しています。

ぜひ、気軽に足を運んでみてください。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。
by 運営管理スタッフ |  2008年5月1日 09:30  | スタッフ日誌

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/515/trackback