毎月第2水曜日に開催してきたアート入門。
今年度最後となった今回のタイトルは、「青森の創作版画誌をめぐって」。
当館の板倉学芸員が、日本近代版画史の流れと、戦前の青森における若き版画家達の創作版画誌制作活動を解説し、当時の若者達が版画に夢を託し、制作に熱中した様子を紹介しました。
この青森の創作版画誌は、4月13日まで常設展の中で展示していますので、ぜひご覧ください。

さて、来年度のアート入門は、5月から12月まで、「西洋美術史入門」をテーマに、ギリシャ・ローマ時代から現代にいたるまでの西洋美術についてお話します。
開催日時も、より多くの方々に参加していただけるように、主に第2日曜日の午後に変更する予定です。(1回目は5月25日の予定)
近日中にホームページその他でスケジュールをお知らせしますので、どうぞお楽しみに。
by 普及スタッフ |  2008年3月14日 17:20  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/487/trackback