「こども美術館デイ」の一環として、21日から実施している「夏休みこどもギャラリーツアー」。
ツアーを担当しているのは学校専門のスタッフとして活動してきたファシリテーターです。
「夏休みこどもギャラリーツアー」は大変好評で、開始から6日間で、参加者は90人を越えました。
ツアーでは、一方的に作品の解説を行うのではなく、子ども達ひとりひとりの発言を大切に
受け入れながら、参加者全員で作品を楽しみます。

ツアー全体のテーマは「色」「形」「素材」「大きさ」です。
「色」をテーマにした際には、作品を見ながら好きな色を答えたり、
色が気分に与える効果について考えてもらいました。
また、「素材」では、「ミクストメデイア」と総称されるさまざまな素材を取り入れて制作された作品の前で、作品に使われているものと酷似した玩具や流木などを触わります。
例外的に触れる作品『無限カノン』では、手触りを楽しんだり、のぞき込んだり。
その他にも、棟方志功の裏彩色を取り上げる際には、ファシリテーターが制作した裏彩色による版画の小品を手にとってもらいました。

実感を持って作品を鑑賞できるように、上記のように、さまざまな工夫をしておりますので、
美術館ははじめて、という子ども達でも楽しく参加できます。
「夏休みこどもギャラリーツアー」は「こども美術館デイ」最終日の7月31日まで毎日実施しています。
ファシリテーターと一緒に楽しく作品を鑑賞しませんか。

夏休みこどもギャラリーツアー
時 間:11:00~ 14:00~ (所要時間1時間)
参加料:無料
by 普及スタッフ |  2007年7月26日 15:40  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/345/trackback