15日の日曜日に「こどもギャラリーツアー アートカードゲームであそぼう!」
を実施しました。アートカードとは美術館の収蔵作品の中から50点を選び
ハガキ大のカードにしたもので、学校貸出し用の教材として作成したものです。

はじめに机いっぱいにアートカードを広げました。
アートカードをみると、美術館には展示室で目にする以外にも、
たくさんの作品があることが分かります。
「こんな作品見たことない」といった発言がちらほら聞かれました。
そこで、美術館では持っている作品を3ヶ月に1度、入れ替えて展示していることを話して、
作品保護と展示について、簡単に説明しました。
次に、それぞれ好きなアートカードを選んで、その理由を簡単に
話してもらいました。色、形など気に入った点はひとさまざまです。
アートカードに少し慣れたところで、ゲームのはじまりです。
今回は「七並べゲーム」に挑戦しました。はじめに参加者に
5枚のアートカードが配られます。机の中央には1枚のカードを置きます。
手元の5枚の中から、その1枚のアートカードと共通点のあるものを選び、
四方に並べていきます。5枚のアートカードをすべて並べ終わった人の勝ちです。
みんな自分のアートカードと机上のアートカードをじっくり見比べて、共通点を探しました。
作品の細部を見る練習になったようです。

ゲームの次には展示室へ移動し、実物を鑑賞します。
特にみんなが驚いていたのが、アートカードでは気づかなかった実物の存在感です。
立石紘一の「共同社会」では、アートカードからでは感得できない
玩具や時計、流木といった素材、それから作品の大きさを目の当たりに
しました。また、棟方志功の「花矢の柵」では、カードで把握していた
よりも、実物がかなり大きかったため、みんな「花矢の柵」のある展示室にいるにもかかわらず、
実物を見つけられなかったほどです。

作品の細部を見る練習をしたり、一方で、実物の迫力を実感したり、
アートカードを通した鑑賞をみんなで楽しみました。今後もアートカード
を使った鑑賞を考えています。興味のある方はぜひご参加ください。
by 普及スタッフ |  2007年7月24日 15:41  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/342/trackback