県立美術館と三内丸山遺跡を一体的に盛り上げることを目的としたアートイン三内丸山遺跡プロジェクトで制作を進めている、小沢剛氏の 「ベジタブル・ウェポン-縄文鯛鍋/青森」 が、いよいよ8月1日にお目見えします。
三内丸山遺跡から美術館につながる連絡園路沿いに展示される縄文人のポートレイト写真は、大きさがなんと、縦6メートル×横4メートル!
実はもう1枚展示されるのですが、場所は、園路に立ってみてのお楽しみ。

この展示にちなみ、小沢氏自身が作品について語るトークイベントを行います。
イベントの中で、今回の 「ベジタブル・ウェポン-縄文鯛鍋/青森」 の制作プロセスを記録したビデオも上映します。
「ベジタブル・ウェポン」 は、その土地の食材 (ベジタブル) を調達し、その食材で銃 (ウェポン) を組み立て撮影した後は、銃を解体して料理を作りみんなで食べる、というプロセスアートです。
ビデオをご覧になると、写真だけではわからない作品の意味が見えてくることでしょう。
みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひともご参加ください。

日時:8月2日 (木) 13:30 - 14:30
場所:青森県立美術館 ワークショップB
料金:無料
申込方法:8月1日までに、電話またはFAXでお申込みください。
(教育普及 Tel 017-782-1919 / Fax 017-783-5244)
by 普及スタッフ |  2007年7月24日 10:08  | アートイン三内丸山遺跡

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/340/trackback