2018年3月開催の「シャガール - 三次元の世界」展の関連企画として実施し、好評を得た、マルク・シャガール (1887 - 1985) によるバレエ「アレコ」背景画の舞台美術としての魅力を伝える特別鑑賞プログラムについて、アレコホールにおける舞台芸術企画準備のため一時休止いたします。

特別鑑賞プログラム休止期間
2019年1月29日(火) ‐ 2月12日(火)

再開は2月13日(水)からを予定しています。

なお、休止期間中アレコホール内に客席、ピアノ、舞台セットが設置されますが、アレコホールにおけるバレエ「アレコ」背景画の鑑賞は可能です。

現在、アレコホールではフィラデルフィア美術館より借用した「第3幕」を加え、全4幕を鑑賞することが可能です。

背景画全4作品が揃ったこの貴重な機会に、あらためてシャガールの舞台美術作品の魅力をお楽しみください。皆様のご来館、お待ちしております。
by 広報 |  2019年1月25日 09:55  | コレクション展(常設展)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1765/trackback