2018年3月開催の「シャガール - 三次元の世界」展の関連企画として実施し、好評を得た、マルク・シャガール (1887 - 1985) によるバレエ「アレコ」背景画の舞台美術としての魅力を伝える特別鑑賞プログラムを、2018年10月1日(月)より再開します。

 本プログラムは、高さ約20メートルの大ホールに展示された「アレコ」背景画に舞台用の照明をあて、音楽とともにバレエのステージを彷彿とさせる演出を加えながら、作品制作の背景、バレエのストーリーなどをナレーションで紹介する約15分間の鑑賞プログラムです。

開催日時:2018年10月1日 (月) - 10月31日 (水)
     2018年12月11日 (火) - 2019年3月31日 (日)
    ① 10:30 - ② 12:00 - ③ 13:30 - ④ 15:00 -

※2018年11月1日 (木) - 12月10日 (月)は、その他展覧会やコンサート開催による音響等の調整により、本プログラムは休止させていただきます。
※開催期間中、本プログラムは当館休館日に準じます。
by 広報 |  2018年9月27日 14:00  | コレクション展(常設展)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1753/trackback