30gt1 30gt2 30gt3
青森県立美術館では、子どもたちの作品鑑賞をサポートする「鑑賞サポーター」を募集します。
当館では、来館した児童・生徒に対して、対話を通して鑑賞を深めるギャラリートーク(対話型鑑賞)を実施しています。「鑑賞サポーター」は、このギャラリートークの進行役として、美術作品を見て感じたことや考えたこと等について対話をしながら、児童・生徒が鑑賞を深める手助けを行います。
子どもたちと楽しく鑑賞してみたい、美術館でのボランティア活動に関心がある、そんな方々のご応募をお待ちしています。


1.活動内容
・児童・生徒に対するギャラリートーク
・児童・生徒の紙粘土等による作品創作の補助
・その他作品鑑賞に関わる業務のサポート

2.活動期間
平成30年4月1日 - 平成31年3月31日まで(年度更新制・最長6年間)

3.募集人数
10名程度

4.応募要件
・満20歳以上の方(平成30年4月1日現在)
・心身ともに健康な方
・美術に関心があり、積極的に学び、活動する意欲のある方
・事前研修(平成30年3月19 - 20日・22 - 24日)及び年4 - 6回程度の研修に参加可能な方
・メール又はFAXで連絡が取り合える方(難しい場合は応相談)
・美術館の指示に従い責任を持って上記活動を遂行できる方

5.報償等
・報酬及び交通費は支給されません。
・自主研修として、常設展及び当館主催の企画展を無料で観覧できます。
・ボランティア活動保険に加入します。(費用は当館負担)

6.応募方法
封筒に「鑑賞サポーター応募書類在中」と記載の上、
・応募用紙
・返信用封筒(住所・氏名を記入、82円切手を貼付)
を送付してください。応募書類は返却いたしません。
受付期間:平成29年12月20日(水) - 平成30年2月5日(月)

7.選考方法
(1) 一次選考[書類審査]
応募書類に基づき審査を行います。選考結果は応募者全員に文書で通知します。

(2) 二次選考[面接]
一次選考の合格者を対象に面接を行います。
実施期間:平成30年2月15日(木) - 20日(火)

8.募集説明会
詳しい活動内容を知りたい方やご質問等がある方はぜひご参加ください。

(1) 平成29年12月23日(土・祝) 10:00 - 11:30
  場所:青森県立美術館 ワークショップA
(2) 平成30年1月14日(日) 10:00 – 11:30
  場所:青森県総合社会教育センター 第2多目的研修室
(3) 平成30年1月24日(水) 10:00 – 11:30
  場所:青森県立美術館 ワークショップA

9.送付先・お問合せ
〒038-0021 青森市大字安田字近野185
青森県立美術館 教育普及担当
TEL 017-783-3000 HP www.aomori-museum.jp


by 普及スタッフ |  2017年12月11日 17:31  | 募集

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1686/trackback