上映会チラシ見本
今年度の映画上映は、これまで多くの日本インディペンデント映画の支柱的存在として活躍されてきた
青森県弘前市出身の映画カメラマン
たむらまさき氏の特集上映です。

上映作品は計10作品。
『竜馬暗殺』(黒木和雄監督・1974年)
『熱海殺人事件』(高橋和男監督・1986年)
『夢の祭り』(長部日出雄監督・1989年)
『Helpless』(青山真治監督・1996年)
『萌の朱雀』(河瀬直美監督・1996年)
『EUREKA ユリイカ』(青山真治監督・2000年)
『SELF AND OTHERS』(佐藤真監督・2000年)
『月の砂漠』(青山真治監督・2001年)
『サッド ヴァケイション』(青山真治監督・2007年)
『ドライブイン蒲生』(たむらまさき監督・2014年)

たむらまさきさんは、40年以上第一線でご活躍されています。
幅広い年代から厳選いたしました。いかがでしょうか…。

本県を舞台に津軽三味線の魅力に取り憑かれた青年を描く『夢の祭り』、同じく本県出身の佐藤真監督による写真家・牛腸茂雄に迫るドキュメンタリー『SELF AND OTHERS』、上映時間3時間37分の大作『EUREKA ユリイカ』など、各作品ごとの見どころにあふれたラインナップです。

なぜ多くの監督が信頼を寄せ、その映像に惹きつけられるのか…。
ぜひシアターの大スクリーンでお楽しみください。

さらに!
上映会最終日10月14日(土)には
『EUREKA ユリイカ』『サッド ヴァケイション』など多くの作品でたむらまさき氏とタッグを組んだ青山真治監督を美術館にお迎えして、ゲストトークを開催。貴重なお話…聞けそうですね!楽しみです。

お得な通し券を含む、前売チケット現在発売中です。
(定員となり次第、販売を終了させていただきます)

上映スケジュールや入場料金など詳細は

上映会ページをご覧ください。


みなさまのご来場をお待ちしております!
by 舞台芸術スタッフ |  2017年9月7日 23:52  | パフォーミングアーツ

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1655/trackback