鳥瞰図
青森県立美術館において開催された「種差 _よみがえれ 浜の記憶」展(2013年7月6日-9月1日)の公式カタログが、株式会社金入(青森県八戸市・代表金入忠清)より出版されることになりました
本展は、青森県八戸市の種差海岸が「三陸復興国立公園」に指定されたことを記念して開催されたもので、3.11以後の被災地をテーマに、東北の地から発信された意欲的な展覧会として数多くのメディアにとりあげられ高い評価をいただきました
このカタログは、展覧会の全貌をお伝えするとともに、種差海岸の過去と現在をつなげ未来を考えるためのガイドブックとしてもご活用いただける内容となっております

なお、7月時点でのカタログ刊行のお問合せに対し「8月下旬を予定」とお答えしておりました。発行が予定より遅れましたこと、心よりお詫び申し上げます


公式カタログの特徴

-展覧会を構成する五つのセクションのテーマにそって分冊形式としました。Book1からBook5までは展示作品画像を、Book6には展覧会の背景を考察する論考や各作品の解説などを収録
-東山魁夷『道』や吉田初三郎の鳥瞰図、リチャード・ロングのインスタレーションまで、メインの作品や制作風景をカラーで収録
-内容に関連する地点を網羅した種差海岸のマップを付けました。種差海岸の過去と現在をつなげ未来を考えるためのガイドブックとしてご利用できます
-『螺旋海岸 album 志賀里江子』(赤々舎)、『中西夏之 韻 洗濯バサミは攪拌行動を主張する 擦れ違い/遠のく紫 近づく白斑』展カタログ(DIC河村記念美術館)等、話題の美術書を手がけた森大志郎によるデザイン
-本文用紙は三菱製紙八戸工場他にて製造された用紙を使用

・2013年10月31日初版発行
・税込定価 ¥3650_
・ISBN:978-4-9907105-0-7 C0070 分売不可
・外箱サイズ260㎜×185mm×25mm 6分冊収録・

収録内容

Book1 笹岡啓子TANESASHI
Book2 浜の古層|海からのめぐみと脅威
Book3 吉田初三郎と種差
Book4 東山魁夷と種差
Book5 リチャード・ロング リチャード・ロング、種差を歩く
Book6 種差|よみがえれ 浜の記憶

・企画・構成:青森県立美術館(高橋しげみ+工藤健志+高橋洋介)
・編集:   境洋人
・デザイン: 森大志郎
・執筆:   倉石信乃、笹岡啓子、飯田高誉、高橋しげみ
・発行:   株式会社金入(青森県八戸市卸センター2-4-12)
・販売場所:青森県立美術館ミュージアムショップ、カネイリ各店他

公式カタログについて、10月7日から予約を受け付けます

青森県立美術館ミュージアムショップ
 電話: 017-761-1420
 メール:aomori-ms@auc-cop.co.jp
カネイリミュージアムショップ
 電話: 0178-20-9661
 メール:museum@kaneiri.co.jp
 
 
 
by 広報 |  2013年10月6日 15:21  | 種差展

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1446/trackback