小倉店長 お菓子づくり 完成品
残すところ4日となった「フィンランドのくらしとデザイン展」。
展覧会もさることながら、青森市内・弘前市内の35店舗で開催中の
「あおもり北欧フェア」も話題をよんでいます。
近隣の菓子店・カフェ・ベーカリー・雑貨店などで、
北欧にちなんだスイーツや、限定販売のグッズを買うことができます。
とくにスイーツは見た目も素敵で、北欧風の美味しさが魅力。
カルダモン(香辛料)をつかったり、
キーッセリなど、新食感のスイーツも登場しています。

そんなスイーツを自分でもつくってみたい!
ということで、5月26日にスイーツ教室がアピオあおもりの調理室で開催されました。
(青い森ボランティアズクラブ主催)

講師は、ジークフリート金沢店の小倉店長。
優しい口調で、丁寧に教えてくれるその人柄に、
緊張していた参加者15名の表情が柔らかくなります。
はじめは、カルダモンのマドレーヌをつくります。
卵の泡立てをせず材料を順番に混ぜていくだけで、お店で売っているような
ふわふわしっとりのマドレーヌが!
できたての熱々を試食。カルダモンの香りが食欲をそそります。
大人の味かな?と思いきや、最年少の参加者、小学1年生の女の子も「美味しい~」。
カルダモンは香辛料の一種ですが、入れすぎると苦いのです。
小倉店長もその分量には苦慮されたとか。
フェア関連スイーツの開発秘話も紹介しつつ、次のスイーツ作りへ。

フィンランドでは家庭でもよく作られる(ムーミンママもよく作っています!)、
キーッセリ(果物の濃縮スープのようなもの)をつくります。
ベリー類のピューレと砂糖を煮立て、コーンスターチでとろみをつけます。
同時に、ホワイトチョコと生クリームをあわせたクリームをつくり、
グラスに苺、ブルーベリー、ラズベリーと一緒に飾り付けると・・・
ホテルのスイーツみたい!!
感激の出来栄えです。
作ったスイーツは持ち帰りとあって、皆さんほくほくの笑顔。
あっという間の2時間でした。

北欧関連スイーツが味わえる「あおもり北欧フェア」も終わりが近づいています!
今だけの美味しさ、ぜひお店めぐりをしていただければ!!
by 普及スタッフ |  2012年5月31日 10:29  | フィンランド展

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1308/trackback