マリメッコWS マリメッコWS マリメッコWS
「フィンランドの暮らしとデザイン - ムーミンが住む森の生活展」関連企画のワークショップが行われました。
あっという間に申込が定員に達してしまった人気のワークショップ「マリメッコ生地でファブリックパネルをつくる」です。
マリメッコの生地で彩られた部屋で生活するなんて、とっても素敵でワクワクしますね。それだけで毎日が楽しく過ごせそう!!

講師はあおもりインテリアコーディネーター倶楽部さん。
まず簡単にフィンランドのデザインについてレクチャー。皆さん、大きく頷きながら真剣に聞き入っています。

簡単に作り方を説明したら、製作スタートです。
まずは、生地選び。
どこに飾ろう?リビング?それとも寝室?色々考えながら選びます。
生地の種類もたくさんあって、本当に迷ってしまいます!
「決めた!」といったお客様が「やっぱり…」と戻っていらしたり。
そうですよね、ここが決め手ですからね! 大いに悩みましょう。

パネルに生地をあて、構図を決めたらホチキスで仮止めします。
一番のポイントは角の処理。生地がよってモコモコにならないように、丁寧に折って角をピシッと仕上げます。

すべての角を処理したら、もう仕上げはすぐそこ。
製本テープで裏側の余った生地を留めて出来上がりです。
同じ「ウニッコ」の生地を使ったパネルでも、つくる方によって表情は様々。
大きな柄1つを真ん中にもってくる方、あえて真ん中を余白にして囲むように花の柄を楽しむ方。
そんな様々な出来上がりを見ていると、何枚も何枚も欲しくなってしまいます。

それにしても、とっても簡単に素敵なパネルができるんですね。
参加者の皆さん、すっかりフィンランド・デザインの虜になってしまったようです。

作っている時も、完成品を見せ合う時も、皆さんの笑顔が溢れたひととき。
たった1枚のパネルが生活や気持ちを彩り豊かにしてくれる。
そんなことを実感するWSとなりました。
by 広報 |  2012年4月12日 19:02  | フィンランド展

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1281/trackback