フライデー・アートナイト
今年度よりはじまった鑑賞プログラム「フライデー・アートナイト」。
美術館閉館後に、学芸員によるレクチャーやギャラリートークをお楽しみいただけるという内容で、貸し切り状態の美術館内で作品鑑賞を満喫することができます。

今月の開催は12月23日(金)、テーマは「コンテンポラリーアートの最先端」です。
今年開催された堂島ビエンナーレのアーティスティック・ディレクターを務めた飯田美術統括監が、ビエンナーレを通したアートと建築によるコラボレーションの最前線をご紹介。さらにリニューアルした常設展「冬のコレクション展」もご案内します。

いよいよ、今年度最終回となる「フライデー・アートナイト」!
まだ定員に空きがありますので、是非ご参加ください!!

参加申込など詳細はこちら

これまでの開催状況
11月「考現学をめぐって」
10月「縄文/創造の原点から」
9月「光を描く印象派展―美術館が解いた謎をもう少し」
8月「シャガールの『アレコ』と私の『アレコ』」
7月「成田亨の怪獣デザイン、その創作の秘密」
by 普及スタッフ |  2011年12月21日 10:36  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1250/trackback