ギャラリートーク スライドレクチャー レモン
9月30日に「フライデー・アートナイト③」を開催しました!
今年度から開催中の「フライデー・アートナイト」は、美術館閉館後に、学芸員のレクチャーとギャラリートークをセットでお楽しみいただける鑑賞プログラムです。
今回は、「光を描く印象派展―美術館が解いた謎をもう少し」をテーマに、菅野学芸員が静まりかえった夜の美術館をご案内しました。
まずは、展示室でのギャラリートークと自由鑑賞です。
会期も終盤にさしかかり、連日、混雑気味の印象派展ですが、閉館後ということもあり、参加した皆さまは、ゆったりとお楽しみいただけたのではないかと思います。
展示室での作品鑑賞のあとは、カフェでのスライドレクチャーです。
今回は特別に、八角堂にぎわい創出特別企画THE SOUTH SIDE プロジェクトの一環で八角堂に設置中のレモンのオブジェがライトアップ!
その様子はカフェからものぞくことができ、夜の暗闇に映えるレモンの姿は、参加者の皆さんの目を喜ばせていました。

次回の「フライデー・アートナイト」は、10月21日(金)に開催予定!
「縄文/創造の原点から」をテーマに、池田亨学芸員が10月15日から開催予定の秋のコレクション展と特別展タッチ・ザ・アート展をご案内します。ご参加をご希望の方はお申し込みのうえ、ぜひご参加ください!!(申込方法等詳細はこちら
by 普及スタッフ |  2011年10月2日 13:03  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1203/trackback