好評開催中の光を描く 印象派展 -美術館が解いた謎-では
ドイツのヴァルラフ・リヒャルツ美術館の作品の他に国内の名画を特別展示しています

この内の1つとして
東京富士美術館所蔵のルノワールの「赤い服の女」が9月1日(木)から展示されます

これを記念して
9月1日(木)、2日(金)は印象派展入場者各日先着50名様へ
「赤い服の女」のポストカードをプレゼントいたします!!

その他
9月3日(土)、4日(日)は担当学芸員による「赤い服の女」を中心とした印象派展の解説を行います
所要時間は15分程度で、両日とも10時、11時、13時30分、14時30分より開始します
参加申込は不要ですのでお気軽にご参加ください
(参加費は不要ですが、印象派展観覧料がかかります。)


「赤い服の女」が加わって、更に厚みを増した印象派展
この機会に是非お越しください!!
by 広報 |  2011年8月30日 15:43  | 印象派展

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1177/trackback