アレコホール カフェ
8月26日に「フライデー・アートナイト②」を開催しました!
今年度から開催中の「フライデー・アートナイト」は、美術館閉館後に、学芸員のレクチャーとギャラリートークをセットでお楽しみいただける鑑賞プログラムです。

今回は「シャガールの『アレコ』と私の『アレコ』」をテーマに、高橋学芸員が夜の美術館をご案内。
まずは、貸し切りのアレコホール内でレクチャー。
アレコホールの空いている壁面に、バレエの舞台の背景画として使用されていた当時の映像を映写したり、実際にバレエで使わていた音楽を流したりと、特別感いっぱいの解説となりました。
レクチャーのあとは、カフェでコーヒーを飲みながらゆったりと意見交換。
「舞台背景画が並ぶ中で、当時の映像を見たことで、『アレコ』が舞台背景画であったことを改めて実感できた」といったご意見や、「第4幕の白馬は、人間の業を象徴しているのではないか」といった解釈、そしてアレコの恋人ゼンフィラを日本人に見立てたユニークなオリジナルストーリーを発表してくださる方なども!

次回の「フライデー・アートナイト」は、9月30日(金)に開催予定!
「光を描く印象派―美術館が解いた謎をもう少し」をテーマに、菅野晶学芸員が印象派展をご案内します。ご参加をご希望の方は、8月30日より電話受付を開始しますので、お申し込みのうえ、ふるってご参加ください!!

詳細はこちら
by 普及スタッフ |  2011年8月28日 11:59  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1172/trackback