プレイタイムカフェ プレイタイムカフェ プレイタイムカフェ
本日より美術館ワークショップエリアにて「プレイタイム・カフェ」がスタートしました。「遊び/祈りの時間=プレイタイム」の中から生まれるエネルギーを震災復興の力へつなげていこうという企画です。
まず、土日は無料で「こどもびいる」やりんごジュースが楽しめるカフェ(各日先着子ども100名)がオープン!カフェ内の照明は青木淳×杉戸洋によってリニューアルされたもので、ひとつの「作品」としても楽しめますよ。また展示室Hにつながるワークショップ前廊下スペースでは、震災復興を祈念した様々な作品展示も行っております(こちらは平日もオープン)。
全展示室を使った「春のコレクション展」、コミュニティギャラリーで開催している「伊藤二子と八戸」展とあわせてお楽しみください。
by 学芸 工藤 |  2011年5月14日 15:08  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1108/trackback