希望の光 希望の光 希望の光
5月5日こどもの日!
青森県立美術館教育普及チームは、車にゆられて八戸入り。
去る2月に開館した、「八戸ポータルミュージアムはっち」にて、ワークショップを開催しました!

今回の講師は、八戸出身で、青森県立美術館の企画展に参加いただこともあり、
青森県立美術館にゆかりのあるアーティストである松村泰三さんにお願いしての開催でした。
題して「希望の光」。
松村泰三さんが開発した「光の箱」をみんなでつくって、それをならべると、光の壁ができるというもの。

午前10時から午後6時までの開催で、
「午前中はあまりお客さんがこないかもね〜」なんて言っていたのに!!!!
途切れなく来るお客さんに、スタッフみんなで対応!
きゃーーーー(嬉しい悲鳴)!!!

さて前日に松村さんに教わった作り方を、スタッフ全員で手分けして説明!

まずは箱を組み立てます!
セメダインを使っての接着!
小さい子は、初めてかぐセメダインのにおいに、「いいにおい!」(笑)
そのあとは、スティックのりを使って、箱に、トレーシングペーパーの接着!!
接着剤は接着剤でも、使い方や、くっつけるものによって、違うということ。
こういうことを、楽しい作業を通じて、
また、実際に貼付けるときの感触を手に感じながら覚えることって、
実はとっても大事なんじゃないかな〜と思うわたし。。。
そして作業は、一番時間のかかる、メインに移ります。
箱の中に、光を反射させるために、銀色の紙をくるっと筒状にしてつめていきます。
筒といっても、まるい筒、星形の筒、ハート型の筒など、凝りだすときりがない行程がここ(笑)
ここに45分〜2時間くらいかかるんですね。。。
でも、みなさん途中でなげだすことなく、最後まで美しい形をつくってくださいました!
そして、最後の作業が、カラーセロファンを工夫してはる。という作業。
ここで、色の仕組み、光のしくみに、作業をとおして触れる事ができるようになっています。
いろんな色の重ねかたを試してみながら、好みの色に仕上がるように、
丁寧にカラーセロファンをはっていきます。
(途中、もってきたセロハンテープでたりず、はっちのセロハンテープまで使い尽くすというアクシデントがありましたが。。。)
ここで完成!!!とってもきれいな光の箱のできあがり。

完成した「光の箱」は全部で116個!
たくさんのご参加、本当にありがとうございました!
これを、だいたい半分にわけて、はっちと、青森県立美術館に展示します。
青森県立美術館では5月14日より6月12日まで、
B1Fのワークショップエリアにて展示いたします。
ぜひご覧になってみてください。とってもきれいですよ〜!!

それでは、参加してくださったみなさま、
はっちのスタッフの方々、松村さん、ほんとうにありがとうござました!

じつは、このワークショップ、8月20日、青森県立美術館で、再度開催される予定です!
今回時間がなくて参加できなかった方、このブログをみて興味を抱かれた方、
ぜひぜひ、ご参加お待ちしております!(※申し込み受付は、一ヶ月まえからです!)
by スタッフ |  2011年5月6日 17:38  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1106/trackback