はじめに(印象派展紹介) 奈良美智
本日、2月20日、美術館講座「アート入門 エキシビション・アイズ」の第2回を開催しました。

工藤学芸員が講師を務める今回の「アート入門」。
「青い森に連れてって-青森の現代美術」を演題に、斉藤義重、工藤哲巳、小野忠弘、成田亨、奈良美智など青森にゆかりのある現代美術のアーティストの作品スライドを中心に、青森固有の現代美術についてお話しました。

聴講された方々にご協力いただいたアンケートを見ると…

「青森的って…?青森の芸術って…?考えること自体大切なこと。なるほど。最後の工藤学芸委員のお話ためになった」

「とてもおもしろかった。印象派の時代の流れや作品の変化等、わかりやすかった」

などなど、ご好評のお言葉を多数いただきました。

次回の「アート入門」は、なんとシンポジウム形式!
「“芸術の青森”から“芸術の東北”へ」を演題に、青森、宮城、岩手の3県の地域のもつ風土と芸術との結びつきを比較しながら、それぞれの違いや特殊性を見つめ、東北の芸術のこれまでとこれからの展開について、美術館同士の連携などを含めて話し合います。
開催日時は、3月20日(日)の14:00-15:30、定員は200名、聴講無料となっています!

ぜひ、ふるってご参加ください!
by 普及スタッフ |  2011年2月20日 16:26  | 講演会

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1071/trackback