hpトップ
 青森県立美術館では来年春、開館五周年記念として、「青木淳×杉戸洋展(仮題)」を開催する予定です。青森県立美術館を設計した建築家・青木淳、日本の現代アートシーンを代表する画家・杉戸洋の二人のアーティストが、展示室はもちろん、屋外空間や一般の人々が足を踏み入れないバックヤードまで、美術館のあらゆる部分を用い、この美術館でしかありえない展示を実現します。
 本日からその特設ページが公開になりました。この展覧会の最新情報が随時アップがされます。ぜひ一度訪れてみてください。
→特設ページ
by 学芸 高橋 |  2010年8月31日 16:12  | 青木淳×杉戸洋

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1011/trackback