創作に夢中 にじみ絵 海の中?
~観る・感じる・つくる 美術館が育てるこどもの好奇心~
8月28日(土)キッズルームおはなし会を開催しました。テーマは「色で遊ぶ」
晴天の中、こども20人、大人15人が参加してくれました!すっかり常連となっている親子の顔もあります。

はじめに、純粋な子猫と月の紙芝居「ニャオン」を上演しました。
その次に8月のテーマ絵本である「あめかな!」「なにをたべてきたの」を読みます。
白豚くんが様々な色を食べてカラフルに。ところが、ころころ転げた白豚くん!口から出てきたのは・・・色の面白さを感じられる絵本です。
今回からはブックトークも行いました。数ある色に関する絵本の中から、スタッフおすすめを4冊紹介しました。そして屋外の創作ヤードへ移動。開放的な雰囲気が魅力!

今日の創作は、長い障子紙に絵の具を垂らすというもの。赤青黄の3色だけを使います。色水の入ったお弁当用の醤油入れを握り、こどもたちは真っ白な紙の上に思い思いに色を滲ませていきます。霧吹きで水を吹きかけると、色がふわわわ~っと広がり、水で薄めた色水をだらっと垂らすと、他の子のエリアに侵入!色が混ざり合います。ここでは細かいことは言いません。好きなように好きなだけ楽しむ。アートの基本です。

最後は「海の中」をテーマにして、皆でひとつの大きな作品をつくりました。「くらげがいるよ」「魚が隠れてる」「たこもいる!」「海草みたい」こどもたちの感受性に脱帽!この作品はキッズルームに飾りますので、見に来て下さいね!

※9月のおはなし会は9/25(土)11:00~12:00、参加無料、申込不要。
 テーマは「自然物で遊ぶ」です。どうぞご参加ください!
by 普及スタッフ |  2010年8月28日 17:33  | 普及プログラム

トラックバック

トラックバックURL: http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1010/trackback