「子どものための建築と空間展」追加イベント開催のお知らせ

夏休み駆け込み工作教室「紙飛行機ブルースター号をつくろう!」

子どもから大人まで楽しめる工作教室。
開催時間中、お好きな時間にご参加いただけます。

講師:飛内源一郎氏(クリエイター)
日時:2019年8月25日(日) 14:00-16:00
会場:青森県立美術館地下2階 踊り場
対象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
参加料無料&申込不要 ※材料が無くなり次第、終了となります。

東京子ども図書館スタッフによる出張おはなし会開催!

児童文学者の石井桃子さん、松岡享子さん達によって創設された子どもの本と読書を専門とする「東京子ども図書館」のスタッフによるおはなし会を開催します。
ぜひお越しください!

・大人のためのおはなし会
ふだん子どもたちにしているお話を、大人の方に聞いていただくおはなし会です。
8月31日(土)14:00-15:30
場所:青森県立図書館集会室(青森市荒川字藤戸119-7)
※要予約(定員70名・申込先着順)、参加無料、中学生以上可。

・子どものためのおはなし会
お話や絵本の読み聞かせをみんなで楽しむ会です。3歳以上の子はだれでも参加できます。
9月1日(日)11:00-12:00
場所:青森県立図書館児童閲覧室(青森市荒川字藤戸119-7)
小さい子(3歳~小学1年生)11:00-11:30
大きい子(小学2年生~6年生)11:30-12:00
※要予約(定員各20名・申込先着順)、参加無料、親子での参加も可(*席は子ども優先になります)

申込方法:017-783-3000(県立美術館)へ電話にてお申込みください。

「子どものための建築と空間展」観覧者5,000人セレモニー

20190809_5,000人セレモニー① 20190809_5,000人セレモニー②
好評開催中の企画展「子どものための建築と空間展」は、
本日5,000人目となるお客様をお迎えしました。
ありがとうございました。
青森朝日放送株式会社の大和田取締役営業局長より記念品を贈呈しました。


現在開催中の「子どものための建築と空間展」
コレクション展2019-2「美術の中の子どもたち」は9月8日(日)まで展示しております。
ぜひお見逃しなく!

8月1日から棟方志功作品の写真撮影等が可能となります

青森県立美術館では県出身の板画家(※)である棟方志功の作品を多数所蔵・展示していますが、この度、棟方作品に、より多くの皆様に親しんでいただきたいというご遺族(著作権管理者)の意向のもと、令和元年8月1日から当館で展示している棟方志功作品の写真撮影及びSNS・ブログへの掲載が可能となりました。
(いずれも個人利用に限ります。また、フラッシュ、補助照明や三脚等を使った撮影はできません。)

シャガール作「アレコ」舞台背景画4点、奈良美智作「あおもり犬」、「Miss Forest/森の子」も撮影等が可能ですので、あわせてお楽しみください。

また、多数の棟方作品を所蔵・展示する一般財団法人棟方志功記念館の展示作品も同様に個人利用に限り写真撮影及びSNS・ブログへの投稿が可能となりましたので、あわせてよろしくお願いします。

※棟方志功は版画を「板画」と表記していたことから、ここでは「版画家」を「板画家」と表記しています。

「子どものための建築と空間展」明日から開催!!

テープカット 会場内① 会場内②
本日「子どものための建築と空間展」のオープニングセレモニー及び関係者内覧会を無事開催することができました。

いよいよ明日から展示開始です。

本展は、子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場としてつくられた建築と空間のなかから、日本の近現代史において試みられた先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会です。

エントランスに知育ブロックトイ「ペタボー」を用いたプレイコーナーを設置したほか、新しいユニバーサル玩具などで遊べるコーナーや、ユニークなプロジェクションマッピングも展示室内に設置しました。

皆さまの御来館を心からお待ちしております!

「子どものための建築と空間展」27日(土)開催!前売券は26日(金)まで!!

いよいよ7月27日(土)から企画展「子どものための建築と空間展」が開催されます。

企画展前売券は7月26日(金)までの販売となりますので、お早めにどうぞ!

また、7月28日(日)14:00から、青森県立美術館展示室Hにおいて、
展覧会記念対談会「子どものための建築、空間とは」を開催します。

学校建築計画の第一人者長澤悟氏と
当館設計者であり、奈良県御杖村立御杖小学校(1998年)を設計した建築家青木淳氏に、
子どものための建築や空間をテーマに語り合っていただきます。

ぜひご来場ください!


■展覧会記念対談会「子どものための建築、空間とは」
青木淳氏(建築家、京都市京セラ美術館館長)
長澤悟氏(本展監修者、東洋大学名誉教授、教育環境研究所所長)
7月28日(日)14:00-15:30
場所:青森県立美術館展示室H(定員50名)
※申込不要、聴講無料(ただし、当日有効の観覧券が必要)

青い森鉄道企画きっぷで「子どものための建築と空間展」割引します!

27日(土)から開催する企画展「子どものための建築と空間展」では、
青い森鉄道の各種フリーきっぷや、青い森鉄道線の区間が含まれる各種定期券にて
観覧料割引企画を実施します。

当館へお越しの際は、青い森鉄道をぜひ御利用ください!

【対象となるきっぷ】
・青い森ワンデーパス(大人/高校生)
・青い森ワンデーパス(コンビニ券) (大人/高校生)
・あさむし水族館きっぷ フリータイプ (大人/高校生)
・あさむし水族館きっぷ 青森発着往復タイプ (大人/高校生)
・ラビナお買い物きっぷ
・夏祭りツーデーパス※7/31~8/8期間限定
・青い森鉄道線の区間が含まれる各種定期券

HPはこちら↓
青い森鉄道

7/27-28縄文の小路が開放されます!

7月27日(土)と7月28日(日)の2日間(両日とも9:00~18:00)、
三内丸山遺跡センターで「令和元年度三内丸山縄文夏祭り」が開催されますが、
これに合わせて三内丸山遺跡センターと当館を直接つなぐ「縄文の小径」が開放されることとなりました。

美術館にご来館の際に、三内丸山遺跡センターの特別展の当日有効のチケットの半券を提示すると、コレクション展の観覧料を団体料金に割引いたします(企画展は対象外)。

また、美術館の当日有効のチケットを三内丸山遺跡センターで提示すると、特別展の観覧料が割引されます。

この機会にぜひ「縄文の小径」を歩いて、三内丸山遺跡と美術館を楽しんでください!

HPはこちらをご覧ください↓
三内丸山遺跡センター「令和元年度三内丸山縄文夏まつり」

キッズルーム一時お休みのお知らせ

キッズルームは空調点検・修繕のため7月20日から9月20日までの間、お休みとさせていただきます。大変ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

7月の休館日(7月8日-12日)について

コレクション展展示替えのため、7月8日(月)-12日(金)は休館します。
あおもり犬、八角堂も観覧いただけませんので、ご注意ください。
ミュージアムショップ、カフェ等も休業となります。

【今後の展示スケジュール】
コレクション展2019-2 7月13日(土)-9月8日(日)
企画展「子どものための建築と空間展」 7月27日(土)-9月8日(日)