展覧会・イベント

展覧会

  • 企画展 開催中

    アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 Alvar Aalto – Second Nature

    2019年4月27日(土) - 6月23日(日)

    建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーです。合理主義、機能主義を旨とするモダニズムの中に人間の生理に即した要素をとりいれ、人々の暮らしをよりよくするための建築を追求しました。彼が建築にあわせてデザインしたドアノブや照明器具、家具に至るまで、細部にこだわりながら全体の空間の調和をはかりつつ作られたその環境は、あたかも人間にとっての「もうひとつの自然」であるかのようです。なかでもパイミオのサナトリウム(1933年)は、結核患者がたっぷりと自然の光と清浄な空気をあびながら療養するために配慮された、アアルトの人に優しい建築の代表的な作品です。また、マイレア邸(1939)、ヴォクセニスカの教会(1958)など、私邸から公共建築にいたるまで、自然の素材を生かしつつ、周囲の環境や建物の諸要素の間の有機的なつながりの感じられる建築をデザインしています。さらに、アームチェアやスツールなどの家具、サヴォイ・ベースに代表される有機的な形態をもつガラス器などのプロダクトデザインは、現在もなおフィンランドを代表するデザインとして親しまれています。

  • 企画展

    子どものための建築と空間展Architectural and Spatial Works Designed for Children

    2019年7月27日(土) - 9月8日(日)

    私たちが子どものときに過ごした空間は、原風景として長く記憶に留まり、その後の私たちの生き方や考え方に与える影響は少なくありません。本展は、子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場としてつくられた建築と空間のなかから、日本の近現代史において試みられた先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会です。 日本の近代教育は明治時代の幕開けとともに始動し、学校の建設もそこから始まりました。地域の人々の尽力によって建てられた明治時代の学校から、建築家やデザイナーの参画によって様々に模索されつつある現代の学校まで、学校は時代の流れの中でさまざまに変遷し、子どもたちの活動を受け止めてきました。一方、幼稚園・保育園、遊び場、児童館、図書館といった子どもたちの居場所にもユニークな取り組みが行われています。 本展では、そうした歴史の一端を紹介するため、作り手と使い手の両方に着目し選んだ写真、図面、模型といった作品資料を展示します。また、教育玩具や絵本原画なども選りすぐって紹介します。

  • 常設展 開催中

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示

    2017年4月25日(火) - 2021年2月28日(日)

    シャガール「アレコ」全4作品完全展示 展示期間 2017年4月25日 - 2021年3月頃(予定) 

  • 常設展 開催中

    コレクション展 2019-1

    2019年3月9日(土) - 7月7日(日)

    企画展「アルヴァ・アアルト-もうひとつの自然」(4月27日~6月23日)に関連した「デザイン」の特集展示を行います。棟方志功の装飾性に富む作品や包装紙のデザイン、成田亨のウルトラ怪獣のデザイン原画、寺山修司が主宰した演劇実験室◎天井棧敷のポスター、石井康治による彩り豊かな北国の四季をうつしとったガラス作品、菊地敦己が手がけたブックデザイン、ブナコの照明器具などを紹介します。また田澤茂の鬼や仏を題材にしたユニークな作品群や、奈良美智展示室も一部リニューアル。青森の春にふさわしい多彩な展示をお楽しみください。

イベント

  • ワークショップ

    こどもアトリエ

    2019年5月18日(土)・7月13日(土)・9月28日(土)・11月23日(土)・2020年1月18日(土)

    こどもアトリエでは、青森県立美術館のワークショップ室内にある材料や自分で持ち込んだ材料を使って、自分の好きな作品や当館の収蔵作家にちなんだ作品を作ることができます。

一般主催