展覧会

ラブラブショー2:アーティストとアーティスト、作品と作品が出会い、そして作品と個性的な空間が出会う。そこに生まれた、「いま」、「ここ」でしか体感できない作品を楽しむ美術展。「出逢いは愛」・・・、さあ美術館でレッツ・ラブ! 企画展
2017年4月28日(金) - 7月2日(日) 開催中
2009年末に開催した「ラブラブショー」から7年・・・、ついに待望の第二弾! ラブラブショーは「出逢い」をコンセプトとした美術展です。美術をはじめ、多彩なジャンルで活躍しているアーティスト、クリエイターが出逢い、さらに隣接する三内丸山遺跡の発掘現場に着想を得て設計された青森県立美術館のユニークな空間と出逢って、ここでしか成立しない作品が生み出されます。特定のテーマは設けず、表現の多様性を尊重し、作品の自由な解釈を楽しむことのできる、現代/文化の「アンソロジー」として展示は構成されます。そして空間と一体になった様々な作品とみなさんが出逢う。そうした出逢いが「美術館」や「展覧会」、「作品」に対する共感=愛へとつながる。そんな願いを込めて作った展覧会です。さあ、お気に入りの作品を見つけに、展覧会へ足を運んでみませんか?
コレクション展 2017-1 常設展
2017年3月11日(土) - 7月2日(日) 開催中
親密な交流を持った作家同士、同じ問題意識で結ばれた作家同士、あるいは一緒に作品を制作する過程で心を通わせた作家同士。 青森県立美術館の収蔵作品を中心に、春の企画展「ラブラブショー2」にちなみ、2人の作家の組み合わせで展示を構成し、作家同士の対話から浮かび上がるものをさぐります。 また、棟方志功展示室では昨年度から寄託を受けた、棟方の著名なコレクターである「小林コレクション」を特集で展示いたします。
シャガール「アレコ」全4作品完全展示 常設展
2017年4月25日(火) - 2021年2月28日(日) 開催中
シャガール「アレコ」全4作品完全展示

イベント

じぶん鑑賞のすすめ その他
2017年3月11日(土) - 7月2日(日) 開催中
アート鑑賞の楽しみ方や深め方を紹介するさまざまなプログラムを実施します。じぶん鑑賞を通して、アートをみる楽しみを広げてみませんか?
青森県立美術館「演劇部」部員募集中! その他
2017年4月24日(月) - 6月2日(金) 開催中
青森県立美術館「演劇部」部員募集中! ( 応募締切:2017年6月2日 (金) 必着 ) 青森県出身の作家・太宰治の作品等を原作とした演劇を上演する青森県立美術館「演劇部」を創設し、部員を募集します。 年齢・性別・経験不問!中学生以上の方なら誰でも応募できます。 2019年の太宰治生誕110周年時に上演を予定している、オリジナル演劇「津軽」への出演を目指し2年に渡り稽古や公演を行います。
青森県立美術館ドラマリーディングクラブ公演 「西行(短歌)鴨長明(方丈記・エッセイ) 現代語訳長谷川孝治」 演劇
2017年5月27日(土) 本日開催
今回の公演では、平安・鎌倉時代に生きた西行の短歌と鴨長明の「方丈記」を上演します。 ドラマリーディングクラブ員による声とともに映像や音響等を使用した特別な空間でお楽しみください。
こどもアトリエ ワークショップ
2017年5月27日(土)・7月15日(土)・9月23日(土)・11月11日(土)・2018年1月27日(土) 本日開催
[こどもアトリエ]では、青森県立美術館のワークショップ室内にある材料や自分で持ち込んだ材料を使って、当館の収蔵作家にちなんだ作品や、自分の好きな作品を作ることができます。
アレコホール定期演奏会2017「Incontro」 コンサート
2017年7月15日(土)・9月30日(土)
「すべての芸術の融合を目指す美術館」として青森県立美術館では、定期的にアレコホールでの演奏会を開催しています。 2017年の演奏会は「Incontro(インコントロ)」と題し、7月15日(土)と9月30日(土)の全2回の公演となります。今回は、ヴァイオリニストの三上亮さんと、伴奏者として八戸市在住のピアニスト・佐藤慎悟さんをお招きします。