2017年11月19日(日)
一般主催 その他

【貸館】

BUTOH(舞踏)は、秋田出身の土方巽により半世紀前に創始され、その表現世界は国際的に高く評価され、今もって注目を浴び世界各地で公演やワークショップが行われています。本フェスティバルは、40年前にいち早く舞踏を受け入れたフランスからゲストを招き、外国人からみた舞踏の魅力を写真と講演で伝えていただきます。また、青森の舞踏家福士正一が今年5月にフランスで旅公演した様子をドキュメンタリー映像及び写真展で報告いたします。パフォーマンスは、2つの異質なダンスを体験してください。舞踏とは、オドルこととは、青森のオドリとは、なんだろうと考えるきっかけになれば幸いです。

・ドキュメンタリー「踊る男」上映  
 撮影・編集:櫻モジロウ+齋藤純子

・特別講演 
 「舞踏はなぜ海外でBUTOHとして残ったか」
  講師:ヌリート・マッソン・セキネ

・舞踏・ダンスパフォーマンス 
 「ホサケオズル」 Bebop dance:Yacco Shirayama
 「のほうからNOHOUKARA」 舞踏:福士正一 まいまいしまい(戸館摩美+竹ヶ原真美)


入場料 
一般2000円
学生1000円
高校生以下無料
(120席限定のため要予約)

日時
2017/11/19 13:00~

場所 
スタジオ

主催
青森ダンスエクスペリエンスの会

後援
青森県、青森市、青森市教育委員会、青森県国際交流協会、マスコミ各社

お問い合わせ
TEL&FAX 017(766)8009
e-mail:shochan.dance@gmail.com
(青森ダンスエクスペリエンスの会事務局)