2009年10月4日(日)
イベント 演劇

青森県立美術館では、今年度 「青森県立美術館ドラマリーディングクラブ」 を発足しました。現在、高校生から60代の方まで、総勢23名が参加しています。
第1回目の自主公演は、太宰治の名作『走れメロス』と、オリジナル作品『回廊の光』の2作品を、音と映像、そして、クラブ員の迫力ある声で上演します。

公演概要

日時:2009年10月4日 (日) 13:30開場 ・ 14:00開演
※上演時間は50分を予定。 
会場:青森県立美術館シアター (限定200席 ・ 全席自由)
演目:(予定。変更の場合あり)
  • 『走れメロス』
    原作 太宰治 / 構成 長谷川孝治 (青森県立美術館舞台芸術総監督)
    (あらすじ) 人を信じられない王が次々に人を殺していくと聞き激怒したメロスは、町を暴君から救おうとするが王に捕らえられる。メロスは処刑される前に妹に結婚式を挙げさせるため、親友セリヌンティウスを王の人質とし、3日目に帰らなければ親友を殺してもよいと約束する。しかし、メロスの前には幾多の困難が待ち受ける。
  • 『回廊の光』
    作 田邉克彦
    (あらすじ) 22年前に家を捨て出て行った鉄夫が戻ってくる。駅で待つ元妻とその息子。鉄夫の話を避けてきた二人は22年ぶりに鉄夫の話をする。会話を通して息子は父親に対する想いの変化に気がついていく。
監修:長谷川孝治 (青森県立美術館舞台芸術総監督)
演出:田邉克彦 (青森県立美術館舞台芸術制作アシスタント)
出演:青森県立美術館ドラマリーディングクラブ員
料金:500円 (一律)
※下記事務局にて郵送・電話・FAX・Eメールによる予約を受け付けております。予約者氏名・人数・連絡先を添えてお申し込み下さい。料金は、当日受付での精算となります。
※青森県立美術館メンバーシップ会員ご優待
メンバーシップ会員は、事前予約の方のみ、料金の50円引きとなります。公演当日に受付にて料金をお支払い下さい。ご予約は下記事務局まで。

主催等

主催:青森県立美術館パフォーミングア-ツ推進実行委員会・青森県立美術館
お問い合わせ先・事務局:
青森県立美術館パフォーミングアーツ推進チーム
ドラマリーディングクラブ事務局 (担当 田邉)
〒038-0021 青森市安田字近野185
TEL 017-783-5243  FAX 017-783-5244
E-mail drama@aomori-museum.jp (件名を 「10月4日公演予約」 として下さい。)