関野凖一郎と今純三 〜銅版画と青森を結ぶ糸〜 (後編)

菅野 晶(学芸員)

関野凖一郎は、青森で今純三(1893〜1944)から銅版画と石版画を学びました。中学校時代から版画の同人誌を発行していた美術好きの青年だった関野が、郷里で本格的な銅版画の技術を身につけることができたのは純三のおかげです。そして関野の「火葬町銅版画研究所」も、純三の存在があってこそ生まれたものでした。後編では戦前にさかのぼって、純三を中心に銅版画と青森の繋がりをご紹介しましょう
純三は弘前市に生まれ、10代の頃家族と共に上京。青年期を大正時代の活気溢れる東京で過ごし、1912年に岡田三郎助らが設立した本郷洋画研究所の研究生第一号となります。その後、小山内薫の「自由劇場」や島村抱月、松井須磨子の「芸術座」などの舞台背景制作に携わり、松竹キネマ株式会社の蒲田撮影所美術部などを経て、1921年からは資生堂意匠部に勤務。一方、1919年に松井須磨子の甥をモデルにした油彩『バラライカ』で第1回帝展に入選するなど、新進の画家としても活躍していました。
1923年の関東大震災を機に青森に戻った純三は、師範学校で教鞭を執ったり地元の新聞社の嘱託を務めたりしながら、銅版画や石版画を中心に制作に取り組みました。また、本郷洋画研究所の同門である西田武雄が設立した日本エッチング研究所の活動に協力し、講習会の開催や技法書の執筆、会誌「エッチング」への寄稿などを通して、戦前の日本における銅版画の普及活動にも重要な役割を果たしました。
東京で本格的に洋画を学び、新時代の芸術活動のただなかで活躍していた純三の存在は、青森の美術に大きな影響を与えました。昭和の初めに青森市内の海沿いに建てられた純三のアトリエには、やがて関野をはじめ美術に憧れる地元の若者たちが集まるようになりました。青森時代に制作された純三の作品の多くは、風景や身近な人々を誠実に写す作風です。巧みなデッサン力と彫りや摺りの微妙な効果によって、画面にはその場の空気を感じさせるような空間が生み出され、描かれた事物や人物は静かな、しかも確かな存在感を感じさせます。ここには早稲田大学教授であった兄、今和次郎が提唱した「考現学」に通じる、自らの感情や主観を前面に出すことを控え、対象をありのまま見つめる視線が生かされています。奇をてらった表現や特別なモチーフを探さなくても、身近なものを丹念に見つめて描くことで優れた芸術作品ができることを、青森の若き芸術家の卵たちは彼の作品から知ったことでしょう。
1939年に純三は再び上京しますが、戦争へと向かう時代のなかで病に冒され、5年後、彼を献身的に支え続けた夫人に看取られて息を引き取ります。
関野はその著作の中で、戦時下に画業半ばで倒れた純三の思い出を幾度も語り、「私は今純三門下生というよりも、文字通り製作の邪魔をして石版、銅版画を知ることができたといった方が正しい」(『版画を築いた人々』)と感謝の思いを述べています。関野が1950年代初め、制作資材の調達もままならないなかで、自宅を開放して銅版画教室を開き、技法を学び制作が行える場を提供することを決意したのは、亡き師への恩返しの気持ちからでした。青森のアトリエで黙々と銅版画の研究に励んだ純三の遺産は、前編で紹介した作家たちをはじめとする、この「火葬町銅版画研究所」に集った多彩な人材に、芸術観や作風の違いを超えて引き継がれているのではないでしょうか。


学芸員エッセイ