アート・ボランティア開花宣言

ボランティアに開かれた美術館をめざして

黒岩恭介(青森県美術館整備推進監)

今海外国内を問わず、美術館を舞台に様々なボランティア活動が展開されている。多くは展示作品の解説であったり、美術館の収集する一次資料、二次資料の分類整理であったり、あるいは受付や監視を担当するボランティアであったりする。 展示室の入り口で、入場者を待ち構えていて、鑑賞者の一人一人に解説は要りませんかと声をかけているボランティアを目撃した経験をもつ人は結構多いのではないだろうか。
そういった美術館におけるボランティア活動は、美術館サイドから見ると、十分な予算と人員を持つことの困難な状況にあっては、大変有り難く、一定の美術館サービスを維持するためには、いまや必要不可欠な要素であるように見える。しかし一方で、本来なら美術館の専門スタッフがやるべき仕事を、ボランティアに頼っているのではないかという批判にもさらされがちである。
また鑑賞者側から見ると、そのような解説ボランティアとのやり取りの中で、もしそのボランティアに、十分な美術史的な知識と素養そして作品に対する熱意みたいなものが感じられる場合は、眼からウロコが落ちるような、啓発的な経験が可能となり、解説を頼んでよかったという大変ほほえましい状況が生まれる。しかしそうでない場合、中途半端な知識で、マナーを欠いたバスガイドのような応対をされると、かえって欲求不満状態を出来させないともかぎらない。解説をはじめ監視や受付といった鑑賞者と直接対峙する場面で活動するボランティアの難しさはここにある。
最後に最も重要な視点であるボランティアサイドから見てみよう。ボランティア活動を志す側にとって、美術館は実に魅力的なステージではないだろうか。文化を通して社会にコミットできるという状況は他の分野にはみられない動機付けであると思うし、作品やアーティストと直に接触することができるという特権も、実に得がたい。美術館ボランティアには、ただ、それぞれの活動分野で、固有の知識と能力が要求されることは言っておかねばならない。解説ボランティアであれば、日々美術(史)の勉強は怠れないし、美術作品を見たいという好奇心も旺盛でなければならない。人前に出るよりも資料の整理など、美術館を裏方で支える方を志向するボランティアには、根気強い、持続的な整理能力と責任感がいる。またアーティストのお世話などをしたいというアテンド・ボランティアには、人柄の温かさややさしさ、気配りの能力が必要となる。その他、ボランティアには、たとえば、地域住民に対するマーケティングや情報発信など、県民と美術館とをつなぐパイプ役となるといったことも考えられるし、場合によっては、企画アイデアの提供といった美術館の中枢に関与することも可能かもしれない。
いずれにせよ、青森県の美術館は、そのような様々な才能・能力を美術館の運動の中で発揮してみたいというボランティアに対して、常に開かれている施設でありたいと思う。青森県の美術館は開放系の運動体を目指しているのであるから。



特集
(仮称) 青森県立美術館設計の経過報告 断面図から構想された建築デザイン

キッズ・アート・ワールドあおもり2000−終わる世紀とはじまる未来−

美術館の思想、着想、そして形−基本設計をめぐって−
アートとこどもの関係−キッズ・アートワールド2001あおもり報告
美術館のコレクション − 工藤哲巳展をめぐって
アートが作るネットワークとは? -「キッズ・アートワールドあおもり2002」が残したもの
アート・ボランティア開花宣言
アートプロジェクト こども−おとなコネクション!!
美術館のシンボルマーク決定!