青森県立美術館では、企画展「遥かなるルネサンス展」を開催します。

【展覧会概要】
本展は、16 世紀後半のイタリアを訪れた天正遣欧少年使節の足跡をたどりつつ、“日本人が初めて見たヨーロッパ文化”“日本人が初めて見たイタリア・ルネサンスの芸術”に焦点を当てて、ルネサンスの豊穣なる美の世界を探求します。
1582 年2 月20 日(天正十年)、宣教師ヴァリニャーノは、日本人自身の中から、ヨーロッパ文明の語り部となる人物を育成する必要があると考え、伊東マンショ、原マルティノ、千々石ミゲル、中浦ジュリアンの4 人の少年をヨーロッパに送り出しました。1585 年3 月、イタリアのリヴォルノに上陸した一行は、フィレンツェ、シエナを経由し、ローマに至り、教皇に謁見するという旅の大きな目的の一つを果たすと、帰国の旅では、ボローニャ、ヴェネツィア、パドヴァ、マントヴァ、ミラノ、ジェノヴァなどの各都市に立ち寄り、そこでもまた行く先々で非常な歓待を受け、教会の儀式に参加するなど、見聞を広めました。
本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の美術を訪問順に紹介します。
ルネサンスの中心フィレンツェからはメディチ家の人々を描いた絵画や大公の工房で作られた工芸品、一行が狩りを楽しんだバニャイアからは狩猟の様子を描いたタピスリー、教皇との謁見を果たしたローマからはその様子を描いた絵画や使節訪問の記念メダル、ペーサロからは物語の描かれた美しい陶器、ヴェネツィアからは世界に誇ったガラス工芸や色彩豊かなヴェネツィア派の絵画など、それぞれの都市に花開いた特色ある美術品が出品されます。とくにメディチ家のお抱え画家ブロンズィーノが描いた《ビア・デ・メディチの肖像》と、ヴェネツィアの画家ティントレットの工房で描かれ、2014 年に奇跡的に再発見された《伊東マンショの肖像》は本展の見どころのひとつです。
遣欧使節が日本に帰国したのは出発して約8年半後のことでしたが、その間に豊臣秀吉によって「伴天連追放令」が発令されるなど、彼らを取り巻く環境は大きく変わっており、その後の彼らを待ち受ける運命は幸福とは言いがたいものでした。しかし、「天正遣欧少年使節」として海を渡った4人の事績は、グローバル化が進む現代において、キリスト教という枠を超えて、異文化間の相互理解という意味で、なお一層の重みをもって私たちの心に訴えかけてくるのです。

会期:
2017年7月28日(金) - 9月10日(日)
休館日:
8月14日(月)、28日(月)
観覧料:
一般1,500(1,300)円、高大生1,000(800)円、小中学生以下無料

前売り券は県内プレイガイドで販売中。
ローソンチケット、セブンチケット、ポみっと!は6/16販売開始予定

※( )内は前売り券および20 名以上の団体料金
※心身に障がいのある方と付添者1 名は無料
※コレクション展観覧料は含まれません。

展覧会詳細は、添付のプレスリリースをご覧ください。

添付ファイル

2017年5月26日 15:30 | 展覧会