青森県立美術館では、12月からの企画展「ラブラブショー」のプレイベントとして、モーショングラフィックによる映像作品やグラフィック、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブ等のデザインで広く知られているデザイナー集団、groovisions(グルーヴィジョンズ)によるインスタレーション作品を10月から展示しています。このたび、その関連企画として、groovisions代表の伊藤弘氏を招き、groovisionsの作品について語っていただくスライドレクチャーを開催します。

概要

日 時 2009年12月6日(日)14:00-15:30
会 場 青森県立美術館ワークショップA
講 師 伊藤 弘(groovisions代表)
定 員 50名
参加費 無料
申し込み方法 当日会場にて受付

ラブラブショープレイベントについて

アーティストとアーティストが出会い、展示空間と作品が出会い、そして作品と観客が出会うという、様々な「出会い」をテーマにした美術展、ラブラブショー。そのコンセプトをいち早く体験してもらうため、groovisionsと「あおもり犬」が出会い生まれたインスタレーション作品として、あおもり犬外部アプローチにおいて、groovisionsオリジナルキャラクターchappie(チャッピー)のあおもり犬を待つ姿が立体と映像で表現されています。

問合せ先

青森県立美術館 教育普及
青森市大字安田字近野185
TEL/017 782 1919
FAX/017 783 5244
2009年11月16日 10:32 | 教育普及