この度、来春当館において開催予定の「古代ローマ帝国の遺産 ―栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ」展において、一般のボランティアの方による展示解説を実施することといたしました。今回、そのボランティアの方を広く募集いたします。

「古代ローマ帝国の遺産 ―栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ」展について

人類の歴史にさんぜんと輝く古代ローマ帝国は初代皇帝アウグストゥスによって創建されました。「煉瓦の市街であった首都ローマを受けついで、大理石の市街を残した」と語られるアウグストゥス。本展では、このアウグストゥス帝の時代を中心に、ローマ帝国の誕生から繁栄の極みまでを、壁画・彫刻・工芸など約120点の壮麗な作品によって振り返る、かつてない規模と充実した内容のローマ帝国展です。


展示解説ボランティア事業 趣旨・概要

本事業は、2010年4月に青森県立美術館で開催される「古代ローマ帝国の遺産展」の実施にあたり、考古学や美術になじみのない方にも楽しんで観覧頂くこと、また、本事業におけるボランティアの活動によって広く本展の趣旨が県民の皆様に伝わり、ひいては美術館活動への理解が促進されることを目的として実施するものです。


事業概要

  1. 市民の目線に立ち、展示品をより多くの人々にわかりやすく伝えることのできる者として、展示解説ボランティアを募集します。採用となったボランティアに対しては、展覧会の内容と展示品についての研修会を10回ほど実施し、活動の準備を行います。
  2. 展示解説の実施は、会期中89回 (予定) の定期ツアー (平日:14:00 / 土・日・祝日:11:00、14:00) 及び予約にて実施をする10 - 20名の団体客を対象とする団体用ツアーにより行う予定です。

ボランティア募集概要

定員:25名程度
募集対象:次の全ての条件を満たしている方となります。
  • 高校生以上
  • 会期中4日以上活動ができる方
  • 11月から3月に計10回行う研修会に7回以上(11/13開催のオリエンテーションを必ず含む)参加できる方
    • 募集期間:2009年9月19日 (土) - 10月20日 (火)
      ※但し、定員になり次第締切となります。
      ※詳細については、別添募集要項をご覧下さい。

添付ファイル

2009年9月24日 16:50 | 展覧会